検索結果

「#材料」の検索結果

東レが次世代型コンセプトEV「“TEEWAVE” AR1」を今年の東京モーターショーに出品します【東レ】

2011年11月1日 東レ㈱(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、来る12月3日(土)~11日(日)に東京ビッグサイトにて開催される「第42回 東京モーターショー2011」に、当社の環境配慮型先端材料や先端技術を駆使して完成させた次世代型コンセプトEV(電気自動車)「“TEEWAVE” AR1」を出品します。...

テクノポリマー、きしみ音低減樹脂を開発~工程削減と製品の信頼性向上に貢献~【JSR】

2011年10月31日 JSR㈱(社長:小柴満信)の100%子会社でABS樹脂等を製造・販売するテクノポリマー株式会社(社長:川崎弘一)は、これまでの材料開発で培った技術力を活かし、プラスチック部品の嵌合部等から発生するきしみ音の低減を可能とするスチレン系特殊熱可塑性樹脂を開発しました。市場開拓を進めた結果、...

~バリア系ミラバケッソの世界的な需要拡大に対応~ 米国におけるEVOH樹脂<エバール>生産能力の増強について【クラレ】

2011年10月31日 ㈱クラレ(社長:伊藤文大、本社:東京都千代田区)は、米国現地法人クラレアメリカ(クラレ100%出資子会社、所在地:アメリカ テキサス州)によるEVOH樹脂(当社商標:<エバール>)生産能力の増強を下記概要にて決定しましたのでお知らせします。 能力増強の背景 ● <エバール>は優れた...

航空業界の主要ニーズを満たす画期的な材料ソリューションを発表【SABIC】

2011年10月20日 SABIC、中国国際通用航空大会2011で航空業界の主要ニーズを満たす画期的な材料ソリューションを発表 SABICイノベーティブプラスチックス(以下SABIC)は2011年10月13日から16日まで中国陝西省西安にて開催された航空機関連展示会「中国国際通用航空大会2011」に出展し、航空業界のニーズを満たす高機能...

低電圧で駆動する高分子アクチュエーターの開発に成功【NEDO/豊田合成/アドバンスト・ソフトマテリアルズ】

2011年10月18日 -新規高分子材料で軽量化・高エネルギー効率を実現- NEDOの「ナノテク・先端部材実用化研究開発」の一環として、新規高分子材料のスライドリング・マテリアル(SRM)(*1)樹脂を用いたアクチュエーター(*2)の開発に取り組んでいる、豊田合成㈱とアドバンスト・ソフトマテリアルズ㈱(ASM)は、...

ビクトレックス・ジャパン・テクノロジー・センターを開設【ビクトレックスジャパン】

2011年10月19日 VICTREX® PEEK™ 樹脂をはじめとする高機能ポリアリルエーテルケトン(PAEK)製品を製造・販売するビクトレックス(本社:英国ランカシャー州、社長:デビット・ハメル)は、日本におけるお客様への技術サポート体制のさらなる強化と拡充を図るため「ビクトレックス・ジャパン・テクノロジー・センター(...

アジア太平洋地域におけるカラートレンド予測【BASF】

2011年10月5日 ● 最新のカラートレンドのテーマは「Come Closer」(もっと近くに)● アジア新興国の自動車市場では、高級感のあるブラック、グレーやシルバーの人気が2、3年継続すると同時に、鮮やかな色調で色味のバリエーションが拡大● 二輪車では、主流の小型モデルでキラキラした意匠やはっきりとした色調が人気。...

バイオPETを原料とした新エコプラスチックを内装表皮材に採用し、内装面積 約80%を達成【トヨタ自動車】

2011年10月11日 トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)は、今回の一部改良したSAIにおいて、従来のエコプラスチック*1では適用困難であった、シート表皮やフロアカーペットなど、高い耐磨耗性能が必要な内装部品にもバイオPET*2を原料とした新エコプラスチックを採用した。その結果、エコプラスチックは、内装部品の表面積...

チタン並みの熱伝導率をもつ単層カーボンナノチューブ/炭素繊維/ゴム複合材料【産総研】

2011年10月6日 -軽くて薄く、柔らかい放熱材料の実現に道- ポイント ● 網目状の高純度の単層カーボンナノチューブと炭素繊維をゴムに分散させ、熱伝導率 25 W/mKを達成● 分散量を約20%と抑えたことにより、ゴムとしてのフレキシブル性を保持● 同程度の熱伝導性をもつ他の複合材料に比べて大幅に軽量化 概要 独...

世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用【マツダ】

2011年10月4日 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、住友金属工業株式会社*1、アイシン高丘株式会社*2と共同で、世界最高の強度をもつ1800MPa級高張力鋼板を用いた自動車用部材の開発に成功しました。新開発したのは、フロントおよびリアバンパーの内側に設置し衝突時に車体が受けるダメージを低減させるバンパービーム...