検索結果

「#材料」の検索結果

炭素系新素材「グラフェン」複合部材製品の開発を本格化【三菱マテリアル】

2018年4月20日 三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円、以下「三菱マテリアル」)は、炭素系新素材「グラフェン」※1の開発・製造を手掛ける株式会社インキュベーション・アライアンス※2(代表取締役社長:村松 一生、資本金:6億円、以下「InALA社」)の第三者割当増資を引き受けて株式を取...

ラージトウ炭素繊維の生産設備増強について【東レ】

2018年4月6日  東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、この度、米国の子会社Zoltek Companies, Inc.(本社:ミズーリ州セントルイス、社長:竹内 芳裕、以下「Zoltek」)において、ラージトウ※1炭素繊維の生産設備増強を決定しました。今回の設備増強では、Zoltekのハンガリー工場(...

電気自動車のバッテリーコンポーネント向け新PBTコンパウンドを開発【ランクセス】

2018年4月2日 ランクセス、電気自動車のバッテリーコンポーネント向け新PBTコンパウンドを開発 卓越した低反り性および非常に高い難燃性を備える ● 独ヘラー社と素材を共同開発 ● ドイツ自動車工業会VDA278規格や米国の製品安全規格UL94 5VAなどに準拠● 構想からわずか2年半で大量生産を実現● 日本国内で今年4...

北米におけるミラストマー生産設備新設【三井化学】

2018年3月26日 三井化学株式会社(東京都港区、社長:淡輪 敏)は、当社グループの米国の製造拠点であるAdvanced Composites, Inc.(米国オハイオ州、社長:志手 啓二)にオレフィン系熱可塑性エラストマー「ミラストマー®」の生産設備を新設することを決定しましたので、お知らせいたします。概要は以下の通りです。 ...

「デュレタン」と「ポカン」のグローバル製造ネットワーク拡大【ランクセス】

2018年3月23日 ランクセス、「デュレタン」と「ポカン」のグローバル製造ネットワーク拡大 ドイツ、クレフェルト・ユルディンゲン拠点に熱可塑性特殊コンパウンド向けの製造ラインを新設 ● 年間製造能力を10,000トン増強 ● 総投資額を約700万ユーロ ● 自動車と電気・電子業界の需要の増加 ● 高度に強化された難燃...

IoTの普及や自動運転技術の開発を後押し ラペロス®LCP低誘電シリーズ開発と新グレードE420Pの紹介記事を公開【ポリプラスチックス】

2018年3月22日 IoTの普及や自動運転技術の開発を後押しする低誘電LCPシリーズ開発と新グレードE420Pの紹介記事を公開。 ポリプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:塩飽 俊雄、以下、ポリプラスチックス)は、このほど、IoTの普及や自動運転技術の開発を後押しすべく、低誘電ラペロス® LCPの開発と...

宇部マテリアルズのタイ工場建設決定について【宇部興産】

2018年3月19日 宇部興産グループの宇部マテリアルズ株式会社(社長:市川正隆。以下「宇部マテリアルズ」)は、タイ・ラヨーン県にある、UBE Chemicals (Asia) Public Company Limitedの拠点内での塩基性硫酸マグネシウム「モスハイジ」製造工場建設を決定いたしました。 モスハイジは、自動車の軽量化に寄与する樹脂...

電池材料事業を行うBASF Toda America LLC (BTA)での協業運営を開始【BASF ジャパン】

2018年3月8日 ■ グローバル事業を強化■ 北米の顧客に近い工場から、最先端の高容量正極材料を提供 世界有数の化学メーカーであり、世界最大の自動車産業向け化学品サプライヤーであるBASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、戸田工業株式会社(本社:広島県広島市)との新たな協業の拠点となるBASF Toda ...

短時間で硬化可能な紫外線硬化型防水絶縁ポッティング樹脂 「アイカアイトロンZ‐511シリーズ」を発売【アイカ工業】

2018年3月12日  アイカ工業株式会社(代表取締役社長:小野勇治 本社:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋26階 資本金:98億9,170万円)は、硬化時間が短く耐熱性に優れた紫外線(UV)硬化型防水絶縁ポッティング樹脂「アイカアイトロンZ‐511シリーズ」を発売します。紫外線硬化型ポッティング樹脂の...

Nano Balance Technology の進化について【東洋ゴム】

2018年3月12日 トラック・バス用タイヤの飛躍的な低燃費化を可能にNano Balance Technology の進化について  東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、社会の要請に応える高性能タイヤ 開発をめざして、2011 年に確立した独自のゴム材料開発基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバラ ン...