検索結果

「#EV」の検索結果

電気自動車(EV)カーシェアローミングサービスを開始【日本ユニシス】

2014年9月8日 日本ユニシス、ユビテック、ジョルダン、日産カーレンタルソリューション電気自動車(EV)カーシェアローミングサービスを開始~ 函館市の低炭素型地域交通システムを構築 ~ 日本ユニシス㈱(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)、㈱ユビテック(本社:東京都品川区、社長:荻野 司...

電気自動車、プラグインハイブリッド車向け 充電スポット検索サービス【 EVsmart 】の提供を開始【アユダンテ】

2014年9月9日 日産リーフ、三菱アウトランダーPHEVなど、電気自動車、プラグインハイブリッド車向け充電スポット検索サービス【 EVsmart 】の提供を開始 アユダンテ㈱(東京都千代田区、代表取締役:安川洋、以下当社)は2014年9月9日(火)より、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)向けに充電スポッ...

CHAdeMO/Combo両方式に対応したEV用急速充電器を発表【デルタ電子】

2014年7月25日 ~高効率・塩害地域対応タイプ~ デルタ電子㈱(本社:東京都港区 代表者:柯進興)は、CHAdeMOおよびCombo(Combined Charging System)の両充電規格に対応したEV(電気自動車)用急速充電器を含む「DCJシリーズ」全12機種を販売開始いたします。 「DCJシリーズ」は、デルタグループがこれまで培って...

EV スポーツカー「トミーカイラZZ」納車開始【GLM】

2014年7月21日 ~日本初 量産EV スポーツカーの国内認証取得~ 電気自動車(EV)の開発販売を行うGLM㈱は、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産仕様による国内認証を取得し、7月から初号車の納車を開始します。 この度、当社GLMが開発を進めるEVスポーツカー「トミーカイラZZ」が道路運送車両法の保安基準に適...

世界初、EV・PV・商用電力を混ぜて使用可能 EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」モニター販売開始のお知らせ【三菱電機】

2014年7月1日 三菱電機㈱は、世界で初めて※1電気自動車(以下、EV)と太陽光発電システム(以下、PV)、商用の3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナ「SMART V2H」4機種を製品化し、モニター販売を7月31日に開始します※2。 ※1 : 2014年7月1日現在、Vehicle to Home(以下V2H)システムにおいて、当...

東京ミッドタウンに国内最多125台のEV・PHV用充電インフラを導入【NEC】

2014年6月27日 三井不動産㈱(所在:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信、以下 三井不動産)と日本電気㈱(所在:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下 NEC)は、東京ミッドタウン(所在:東京都港区)に単一施設内としては国内最多となる125台の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車...

日産EV初の商用車「e-NV200」を発表【日産自動車】

2014年6月9日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、日産EV初の商用車となる「e-NV200」を、2014年10月より全国一斉に発売すると発表しました。 グレード: GX 「e-NV200」は、多目的商用バン「NV200バネット」をベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、「NV200」の室内の広...

東北2市に電気自動車を無償譲渡【メルセデス・ベンツ日本】

2014年5月20日 ・  東松島市、釜石市の「復興まちづくり」においてスマート電気自動車を継続活用 メルセデス・ベンツ日本㈱(以下MBJ、社長: 上野 金太郎、本社: 東京都港区)は、東日本大震災で被災した東松島市(市長:阿部秀保、宮城県)及び釜石市(市長:野田武則、岩手県)の「復興まちづくり」を支援するた...

ワークプレース・チャージングを導入 -持続可能な社会の実現に向けて、電気自動車の普及を応援します-【カルソニックカンセイ】

2014年4月7日 カルソニックカンセイ㈱(本社:さいたま市北区、社長:森谷  弘史)は、 電気自動車の普及を応援するワークプレース・チャージングを、2014年4月より導入しました。 ワークプレース・チャージングとは、企業の社屋や工場に充電器を設置し、 従業員や来訪者が勤務中や業務中に電気自動車の充電を行い、...

本格EV社会を切り拓く次世代コアモデル 先行開発車第4号「SIM-HAL」完成【SIM-Drive】

2014年3月31日 電気自動車の研究開発を行う㈱SIM-Drive(本社:川崎市、社長:田嶋伸博)は、将来、電気自動車ビジネスに参入を意図している8機関(表2)からの参加を頂き、2013年2月より約1年の期間で先行開発車事業第4号を行って参りました。この度、本事業の成果である「SIM-HAL(シム・ハル)」 (表1)が完成し...