検索結果

「#EV」の検索結果

本格EV社会を切り拓く次世代コアモデル 先行開発車第4号「SIM-HAL」完成【SIM-Drive】

2014年3月31日 電気自動車の研究開発を行う㈱SIM-Drive(本社:川崎市、社長:田嶋伸博)は、将来、電気自動車ビジネスに参入を意図している8機関(表2)からの参加を頂き、2013年2月より約1年の期間で先行開発車事業第4号を行って参りました。この度、本事業の成果である「SIM-HAL(シム・ハル)」 (表1)が完成し...

100%電気自動車「日産リーフ」の特別仕様車「エアロスタイル」を発売【日産自動車】

2013年12月12日 日産自動車(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、100%電気自動車「日産リーフ」の特別仕様車「エアロスタイル」*を、2014年1月8日より全国一斉に発売すると発表しました。 「日産リーフ」は、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能...

日産自動車のゼロ・エミッションリーダーシップを、商用車やスポーツカーにも拡大【日産自動車】

2013年11月20日 日産自動車は、革新的なイノベーションでリードし続ける、ゼロ・エミッションのリーダーシップを、更に新しい商品セグメントに拡大します。 日産が、2010年12月に発売した100%電気自動車「日産リーフ」は、自動車業界史上、最も売れているEVとなり、これまでに世界で87,000台が販売されました。 「...

100%電気商用車「e-NV200」を2014年度中に日本市場へ投入【日産自動車】

2013年11月14日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、100%電気商用車「e-NV200」を、2014年度中に日本市場に投入すると発表しました。2014年半ばより、スペインのバルセロナ工場で生産を開始し、世界各国での販売を予定している同モデルは、世界で最も売れている電気自動車「日産リ...

電気自動車『i-MiEV』にお求めやすい新グレード「X」を設定するとともに、 軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV VAN』を一部改良【三菱自動車工業】

2013年11月14日 三菱自動車は、電気自動車『i-MiEV』(メーカー希望小売価格:2,459,100~2,901,150円、消費税込)に新グレード「X」を設定するとともに、軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV VAN』(メーカー希望小売価格:2,165,100~2,598,750円、消費税込)を一部改良し、全国の系列販売会社を通じて、同日に販売開始...

「電気自動車による地域交通グリーン化事業」の公募について【国土交通省】

2013年11月1日 国土交通省では、環境性能に特に優れた電気自動車の普及を図るため、他の地域や事業者による電気自動車の集中的導入を誘発・促進するような地域・事業者間連携等による先駆的な取り組みを行う自動車運送事業者等に対して、バス、タクシー及びトラックの電気自動車の導入を重点的に支援するため、「電気...

独自の駆動システムを搭載したコンバートEVを桑名市に貸与【NTN】

2013年10月28日 NTN㈱(以下、NTN)は、世界最軽量級の減速機内蔵モータシステムである、「オンボード2モータ駆動システム」を搭載した改造電気自動車(コンバートEV*1)1台を、10月27日、三重県桑名市へ貸与し、実証事業を開始しました。 同日、桑名市民会館で開催された「くわな環境フェスタ」において貸与式が行わ...

電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開【日産自動車】

2013年10月17日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区  社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル㈱(本社:神奈川県横浜市鶴見区  社長:宮谷正一 以下、ニスモ)は、革新的な電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC (Zero Emission On Demand Racing Car、ズィー...

フランスでスマートコミュニティ実証事業、実証試験をスタート【NEDO】

2013年10月15日 ―リヨン市でEVカーシェアリング運転開始式を開催― NEDOは、フランス第2の都市であるリヨン市においてスマートコミュニティ実証事業として再生可能エネルギーを利用したEVカーシェアリング実証試験(名称:SUNMOOV)を開始しました。30台の電気自動車(EV)と、太陽光発電(PV)と連携した充電インフラを用...

「日産リーフ」のCO2排出ゼロ走行により日本の森林を守る【日産自動車】

2013年9月5日 ● 100%電気自動車「日産リーフ」のお客様の走行距離をCO2削減クレジットに換算し、クレジット売却益をテニスコート約60面の広さの森林保全資金として利用 電気自動車(EV)「日産リーフ」の走行が、日本の森林を守ります。 2012年6月に「日産ゼロ・エミッションファンド」を開始して以来、参加者は、テ...