検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

世界初「最先端AIを搭載した車載センサー」を開発【オムロン】

2016年6月6日 運転手の状態をリアルタイムに判定世界初「最先端AIを搭載した車載センサー」を開発 オムロン㈱(本社:京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁)は、人と機械の関係を革新し、自動運転による「ぶつからない車社会」の実現など、安心・安全な車社会への貢献に取り組んでいます。このたび、オムロン独...

LNG船用TMCP型中厚YP460級厚鋼板を開発、世界初適用【JFEスチール】

2016年5月30日 当社は、川崎重工業㈱(東京本社:東京都港区、社長:村山滋、以下「川重」)と共同で、液化天然ガス(LNG)運搬船用として中厚(板厚50mm以下)の降伏応力(YP)460MPa級の高強度厚鋼板をTMCP(*1)製造にて開発・実用化し、MOSS型(*2)LNG船(LNG積載量:164,700m³)の船側外板に世界で初めて適用しま...

《速報/人テク2016横浜》3Dプリンティングによるパーツ設計ソフトウェア3-matic紹介【マテリアライズジャパン:小間番号357】

3Dプリンタ向けのSTLベースの設計CADにより、従来の製造技術では困難な複雑な格子構造による軽量化などを実現します。 近年、トポロジー最適化などのシミュレーション解析結果や複雑な格子構造などを、3Dプリンティングにより製造するニーズが高まっています。同時に生まれる新しい製造制約や課題の解決について、設...

《速報/人テク2016横浜》非接触レーザビームプロファイル計測【オフィールジャパン:小間番号323】

オフィール社のBeamWatch (ビームウォッチ) は、高出力レーザ計測の常識を覆す技術を採用した、画期的なレーザビーム モニタリングシステム(特許取得済み)。ビームに接触することなく、迅速かつ正確に、高出力レーザのモニタリングを実現。 レーザ加工の中断や工具を取り外しての調整などに煩わされることなく、頻繁...

《速報/人テク2016横浜》自動車部品の自動異物全数検査システム【インテクノス・ジャパン:小間番号74】

生産ライン上のトランスミッション等、部品内部の異物検査を、高精度で自動的に行う「PDS.TM」は、当社が開発した画期的な製品(特許出願中)で、短い生産タクトタイムでも全数検査を可能にし、品質向上に大きく寄与します。 自動車のトランスミッションオイルや発電機の潤滑油・燃料は人間でいう血液であり、「PDS」は...

《速報/人テク2016横浜》自動緊急ブレーキテスト用空気ビニール人型マネキン AUTO AIRQUIN™【マインドクリエイトジャパン:小間番号397】

自動緊急ブレーキテスト用 空気ビニール人型マネキン「AUTO AIRQUIN(オートエアキン)™」・レーダーの検知誤差が生じないよう、金属性の材質や水を使わずに自立安定を実現。空気の出し入れでコンパクトに折り畳めるので作業オペレーティングの効率化を実現することに成功。 世界初!自動緊急ブレーキテスト用空気ビニ...

《速報/人テク2016横浜》3次元空間 音・電磁界可視化システム WM9500 for LabVIEW【萩原電気:小間番号225】

自動車開発・自動車部品開発における音・電界・磁界・超音波などを3次元で測定、可視化することで、ノイズ発生源を多角的に分析し特定できるようになります。 ■ 製品概要自動車開発・自動車部品開発における音・電界・磁界・超音波など「目に見えないノイズ」を、各種センサーとモーションキャプチャー、ステレオカメラ...

《速報/人テク2016横浜》リモートClean4U™【ヴァレオジャパン:小間番号350】

リモート Clean4U™は、スマートフォンの遠隔操作でフロントガラスの霜取りと虫汚れ除去機能を起動し、AquaBlade® ワイパーシステムによって霜取りの解凍液や虫汚れ除去の洗浄液を供給してフロントガラスの視界をクリアにするシステムです。 リモートClean4U™ の霜取り機能では、環境に優しい解凍液をヴァレオ独自の革新...

《速報/人テク2016横浜》48Vベルト駆動式スタータージェネレーター「iBSG」【ヴァレオジャパン:小間番号350】

iBSGは、48Vネットワークで使用されるスターター・オルタネーターであり、実用的で競争力があり、早期に市場に投入可能できる高級車からマスマーケットの車まで搭載可能なハイブリッド化のソリューションとして注目されています。 iBSGは、従来のオルタネーターとの置き換えとしてエンジンのフロントエンドに搭載できま...

《速報/人テク2016横浜》ペルチェ素子を利用した極低温度環境提供【センサーコントロールズ:小間番号5】

本製品CHP-972WLCはプレート上面にて−60℃〜+145℃の温度環境を実現できます。車載用デバイス/センサの温度特性試験にて最適です。 弊社は今までの新技術の開発により今までペルチェ素子を使用して実現できなかった『−60℃』まで冷却する事が可能になりました。 これにより現在主流である他方式の温度環境試験装置と同等...