検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

《速報/人テク2016横浜》Sim Drive 3D【アドバンストテクノロジー:小間番号400】

Sim Drive 3Dソフトは自動車及びパワートレイン開発に関連した全てのシミュレーション手法を単一環境でカバーしており、最適運動挙動を実現出来ます。 パワートレイン開発における課題をSim Drive 3Dソフトは解決してあります。 ■ 内燃エンジンは、厳しさを増す排ガス規制によって絶えず変革が求められている。■ 今日...

《速報/人テク2016横浜》パワーサイクル試験装置【クオルテック:小間番号392】

車載用のパワー半導体・電子部品は、大電流、高電圧に耐え、過酷な環境でも動作する信頼性が要求されます。当社では信頼性試験によって、デバイスの設計・開発の効率化、スピードアップをサポートします。 クオルテックは、あらゆるパワー半導体のチップ温度をリアルタイムで測定、多数のデバイスを同時に試験できるな...

世界初、燃料電池内部の酸素濃度を深さ方向にリアルタイムで把握 「FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy」を発売【島津製作所】

2016年5月23日 FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy 島津製作所は、燃料電池自動車を始めとする自動車分野などへの応用や家庭用燃料電池「エネファーム」として普及が期待される固体高分子形燃料電池(PEFC)内の酸素濃度をリアルタイムで測定できる「FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy」を5月23日に発売します。また、本製品を、5月25日か...

《速報/人テク2016横浜》国内初、最大10kN・mまでのトルク校正サービスを開始【HBM:小間番号30】

HBMはこの度、一般財団法人日本品質保証機構(JQA)の技術協力を得て、日本初の最大10kN・m対応のトルク校正サービスを開始します。自動車業界で主流となる1kN・m〜10kN・mまでを完全にサポートし、精度向上に必要な「校正証明書」の発行にかかる時間を現在の2か月から10営業日いないに短縮します。 現状の課題車両や発...

《速報/人テク2016横浜》インバーター ファミリー 2【ヴァレオジャパン:小間番号350】

ファミリー2インバーターはプレミアムカーの動力伝達装置の要求に応えて、150kWから320kWのパワーを供給します。標準的なバッテリーの電圧(450Vまで)にも、さらに高い電圧(920Vまで)にも対応可能です。 株式会社ヴァレオジャパンホームページはこちら キーワードをクリックして関連ニュースを検索 #ヴァレオジ...

《速報/人テク2016横浜》ソリッドステートLiDARセンサー【ヴァレオジャパン:小間番号350】

ソリッドステートLiDARセンサーは、可動部分をなくし価格競争力を高めたLiDARです。独自開発のレシーバーASICと16個の独立した検知部をもつセンサーは、道路の端にある障害物も検知し、検知可能距離は約100mです。 視野角を簡単に調整できるため、自動緊急ブレーキ(AEB)、左折巻き込み防止(商用車用)などさまざまな...

《速報/人テク2016横浜》Valeo Mobius (ヴァレオ・モビウス)【ヴァレオジャパン:小間番号350】

ヴァレオMobius™は、ドライバーが安全性を保ちながらスムーズにマニュアル運転と自動運転を切り換えることができ、自動運転中に新しいサービスを使うことができる次世代のコクピットです。 市街地での渋滞や高速道路など、自動運転に適した状況であるとシステムが判断すると、ヴァレオMobius™ 2はステアリングホイール...

《速報/人テク2016横浜》加硫背着材フィルムACULAH【中島ゴム工業:小間番号237】

加硫接着剤フィルム「ACULAH」は、自動車用防振ゴムやビル用免震ゴムに用いられ、脱VOC、接着剤塗着効率の向上によるコスト低減そして接着剤塗膜の均一化による接着力向上などを実現するものである。 自動車用防振ゴムやビル・橋梁用免震ゴムは加硫接着によりゴムと金属を強固に接着する。この接着工法はゴム成型時の熱...

《速報/人テク2016横浜》高臨場感立体音響システム【アコースティックフィールド:小間番号404】

独自開発の高性能立体音響システムを用いることで、臨場感、没入感の高いドライバー視点の車内音を研究室等の別環境やシミュレーターにおいて生成できる。 ダミーヘッドによる記録ではなく、全方位を記録するマイクロフォンにて走行音を記録。それを用途に応じて最適なチャンネル数で構成するスピーカーアレイにて、没...

《速報/人テク2016横浜》オイル循環率(OCR)計【アントンパール・ジャパン:小間番号32】

リアルタイムでエアコンサイクルの状況が把握できるようになり、より効率の良い冷凍サイクルの試験が可能になる。 従来の冷凍サイクルの試験において、エアコン冷媒中の潤滑オイルを測定するためには、キャッチタンクと呼ばれる容器に抜き取り天秤などで1回毎に測定していたが、弊社のセンサーを用いることで、冷媒を抜...