検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

顕微鏡で視える!分子が自ら連なる五つの環~世界初 数十ナノメートルに達するポリカテナンの合成に成功~【千葉大学】

2020年7月16日  千葉大学グローバルプロミネント研究基幹の矢貝史樹 教授を中心とする国際共同研究チームは、世界で初めて数万個の小分子が自己集合することで、リング状構造が鎖のように連なったポリカテナンを合成し、さらに、その幾何学構造を原子間力顕微鏡(AFM)で可視化することに成功しました(図1・2)。...

世界初、自動車向け駆動軸用「非接触式トルクセンサ」を開発【日本精工】

2020年7月7日 世界初、自動車向け駆動軸用「非接触式トルクセンサ」を開発~自動車の燃費・電費の改善、快適性や安全性向上など、「CASE」の進化に貢献~ 日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、自動車の駆動軸のトルクをリアルタイムで測定する世界初...

世界初の140dB HDRとLEDフリッカー軽減性能を備えた車載ビューイングカメラ向けイメージセンサーを発表【オムニビジョン・テクノロジーズ】

2020年6月25日 米国オムニビジョン・テクノロジーズ社(OmniVision(R))、世界初の140dB HDRとLEDフリッカー軽減性能を備えた車載ビューイングカメラ向けイメージセンサーを発表 最小サイズ、低消費電力、最高レベルの低照度パフォーマンスを備えたハイエンド・ビューイング・アプリケーション向けASIL-C車載対応イメ...

めっき処理工程を革新し、環境負荷を大幅に低減する「スタンプ式めっき処理装置」を販売【トヨタ自動車】

2020年6月30日 めっき処理工程を革新し、環境負荷を大幅に低減する「スタンプ式めっき処理装置」を販売-ミカドテクノス・兼松とのネットワークにより、普及に向けた取り組みを開始- トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、電子部品などの製造過程で基板に銅やニッケルなどの金属の被膜を形成するめっき処理工程におい...

世界初、自動運転ロボ「ラクロ™」を遠隔操縦、 オンライン動物園を開設!【ZMP】

2020年5月13日 世界初、自動運転ロボ「ラクロ™」を遠隔操縦、 オンライン動物園を開設!本イベントは、雨天のため5/17(日)に延期いたします 宅配ロボットCarriRo® Deli 株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、千葉市動物公園(千葉県千葉市、園長:鏑木一誠)の協力のもと、特別イベントとし...

世界で初めて実験室での分析を実現 リチウムイオン電池正極材向け化学結合状態解析システム「Xspecia」を発売【島津製作所】

2020年3月10日 掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。 リチウムイオン電池正極材向け 化学結合状態解析システム「Xspecia」 島津製作所は、3月10日にリチウムイオン電池正極材向け化学結合状態解析システム「Xspecia(エクスペ...

世界最高の塗着効率を実現した新型塗装機を開発【トヨタ自動車】

2020年3月12日 世界最高の塗着効率を実現した新型塗装機を開発-CO2排出量の削減に寄与、塗装技術の普及に貢献- トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、車体塗装工程で従来から使用しているエアスプレー式の塗装機に代わり、静電気を活用し空気を使わない新型の塗装機(エアレス塗装機)を開発しました。今回開発した...

世界初のOctalNAND、W35N-JWファミリを発表【ウィンボンド・エレクトロニクス】

2020年2月17日 世界初のOctalNAND、W35N-JWファミリを発表~1Gビット以上の容量帯で読出し最大240Mバイト/秒かつ低コスト化を実現~ 台湾台中市- 2020年2月17日 — 半導体メモリソリューションの世界的サプライヤーであるウィンボンド・エレクトロニクスは本日、新製品「OctalNAND/W35N-JWファミリ」を発表しま...

世界初 電界共振結合で4.7kWのワイヤレス電力伝送に成功【古河電気工業】

2020年1月27日 世界初 電界共振結合で4.7kWのワイヤレス電力伝送に成功~ 移動体向けワイヤレス給電 早期実用化を目指す ~ ■サマリー ・電動小型モビリティやロボットなどの移動体へ、ケーブルを接続することなく給電する技術です。 ・小型・軽量化と大電力・高効率化で、環境面でも貢献します。(注1) ・世...

MAZDA3「SKYACTIV-X」搭載車を発売【マツダ】

2019年11月25日 マツダ、MAZDA3「SKYACTIV-X」搭載車を発売―世界初、ガソリンの圧縮着火を実用化、気持ちよい走りと優れた環境性能を両立したエンジン―  マツダ株式会社(以下、マツダ)は、同社独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエン...