検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

世界初、横浜市とパナソニック コネクト 5G(実験ではWi-Fiで代用)にミリ波無線LANとセンシング技術を導入した自動運転向け Beyond 5Gネットワークの実証実験を開始

2022年12月16日    世界初、横浜市とパナソニック コネクト 5G(実験ではWi-Fiで代用)に ミリ波無線LANとセンシング技術を導入した自動運転向け Beyond 5Gネットワークの実証実験を開始    システム構成図 パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区...

世界最高レベルの高占積巻線技術の開発について【日本電産】

2022年12月27日    世界最高レベルの高占積巻線技術の開発について    日本電産株式会社(以下、当社)は、トラクションモータに使用する丸形巻線において世界最高レベルの高占積率を達成し、その技術を用いたモータの量産を開始いたしました。    EV ...

世界初(※1)の新構造ドライブレコーダー、2つのカメラで360度+前後の記録を可能に【カーメイト】

2022年12月9日    世界初(※1)の新構造ドライブレコーダー、2つのカメラで360度+前後の記録を可能に ソフトウェア技術で前方ナンバーをクリアに記録    株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区)は、360度ドライブレコーダー『d’Action 360(ダクション 36...

日本初、公道でのロボット単独による販売実証実験を実施【パナソニック】

2022年11月30日    日本初、公道でのロボット単独による販売実証実験を実施    丸の内仲通りを走行するハコボ(R) パナソニック ホールディングス株式会社(以下、PHD)は、丸の内仲通りや行幸通り等(東京都千代田区)において日本初の公道でのロボット(※1)...

植物由来の次世代素材を水上オートバイ部品へ採用【ヤマハ発動機】

2022年11月16日    植物由来の次世代素材を水上オートバイ部品へ採用 〜輸送機器部品への実用化は世界初〜     ヤマハ発動機株式会社は、CO₂削減、環境負荷低減に対する取り組みとして、植物由来のセルロースナノファイバー(以下、CNF)強化樹脂をマリン製品へ採用します。そ...

世界初、1GHz帯までの広帯域ノイズの対策と大電流対応を両立した自動車向けチップフェライトビーズを商品化【村田製作所】

2022年11月8日    世界初、1GHz帯までの広帯域ノイズの対策と大電流対応を両立した自動車向けチップフェライトビーズを商品化    株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、チップフェライトビーズとして世界で初めて※1100MHz~1GHz帯の広帯域のノイズを低減し、さ...

【日本初*】一般利用できる自動車・自転車用風洞試験サービスを実現! 静岡県沼津市に「風洞試験センター」を開設します

2022年10月17日    【日本初*】一般利用できる自動車・自転車用風洞試験サービスを実現!静岡県沼津市に「風洞試験センター」を開設します 株式会社日本風洞製作所と株式会社ニシヤマの協同により、風洞試験装置のトライアルおよび一般利用が可能な施設を設立     コンパク...

世界初の高精度計測技術による電池用「硫黄」の可視化に成功【住友ゴム工業】

2022年9月5日    世界初の高精度計測技術による電池用「硫黄」の可視化に成功 ~電池の開発およびタイヤの性能持続技術の進化を加速~     住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター 高橋幸生教授、理化学研究所、高輝度光...

世界初、定格電流20A対応チップフェライトビーズを商品化【村田製作所】

2022年8月2日    世界初、定格電流20A対応チップフェライトビーズを商品化 ~チップタイプのノイズ対策部品として世界最大の定格電流を実現~    株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、チップタイプのノイズ対策部品として世界最大※1の定格電流20Aを実現する...

日本初* 樹脂製ABSアクチュエーターブラケットの商品化【ニフコ】

2022年7月1日    日本初* 樹脂製ABSアクチュエーターブラケットの商品化    株式会社ニフコ(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役社長:柴尾雅春、以下「ニフコ」)は、このたび日本初*となる樹脂製ABSアクチュエーターブラケットを商品化し、量産を開始いたしました。 *2022...