検索結果

「#ゴム」の検索結果

ブロモブチルのトレッド使用による新技術「BiT」を開発【ランクセス】

2013年9月27日 高性能ゴムのリーディングメーカーであるランクセス(LANXESS)は、メガトレンドである「モビリティ」の旺盛なニーズに対応するため、新技術の開発に持続的に取り組んでいます。 ランクセスは、このたび、高性能タイヤの安全性を向上する新技術「BiT(Butyl in Treads)」を開発したことを発表いたし...

ランクセスの化学研究室から始まる「グリーンモビリティ」【ランクセス】

2013年9月12日 ~ 車の未来に向けた素材を開発するランクセス ~ テーラーメードの化学素材とそれに付随する技術は、世界における持続可能な、資源と環境に優しいモビリティの実現に不可欠なものです。それを確信するランクセス経営委員会メンバーのヴェルナ・ブロイヤスは、第65回フランクフルト国際モーターショー...

シンガポールでアジア最先端のブチルゴム製造プラントを新設【ランクセス】

2013年6月5日 ■ 年間製造能力10万トン■ 高品質のハロブチルゴムの製造■ 4億ユーロの投資: ランクセス設立以来、単独投資として最大規模■ 高い技能を持つ160名の新規雇用を創出■ ジュロン島で開所式典 ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、6月4日、シンガポールに建設した、新ブチルゴム製造プ...

高純度天然ゴム「UPNR(ユーピーエヌアール)」(特許取得済※1)の開発について【住友ゴム工業】

2013年5月27日     住友ゴム工業(株)は低燃費、耐摩耗性能に優れた高純度天然ゴム、「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」の開発に成功しました。この「UPNR」を2014年以降に発売する一部商品に採用してまいります。     世界的な環境意識の高まりから、タイヤの低燃費化、省資源化に対する要...

マレーシアにおける合成ゴム合弁会社の設立について【宇部興産】

2013年3月13日 宇部興産㈱(社長:竹下道夫)は、アジア地区でのポリブタジエンゴム(BR)の需要拡大に対応するため、ロッテケミカル(社長:Soo Young Huh。韓国)、ロッテケミカルタイタンホールディング(以下「タイタンケミカル」。社長:Lee Hun Ki。マレーシア)、三菱商事(社長:小林健)と、マレーシア・ジョ...

日本におけるエチレン・プロピレンゴム(EPDM)市場への取り組みを強化【ランクセス】

2012年12月12日 ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、工業向け特殊合成ゴムポリマーであるエチレン・プロピレンゴム(EPDM)の日本市場での取り組みを強化すると発表しました。ランクセスは世界有数の合成ゴムメーカーであり、世界の代表的なEPDMブランドである「ケルタン(R)(Keltan(R))」を...

乗用車「超低燃費タイヤ用ゴム」の技術開発に成功【NEDO/ブリヂストン】

2012年10月22日 ~従来の低燃費タイヤ用ゴムに比べエネルギーロス40%低減・耐摩耗性25%向上~ 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)のナノテク・先端部材実用化研究開発※1の一環として、㈱ブリヂストンは、革新的なナノ階層構造設計技術を開発しました。 研究開発では乗用車タイヤ用ゴム...

タイにおけるENB製造装置新設に関する共同事業化検討について【JX日鉱日石エネルギー/三洋化成工業】

2012年10月18日 JX日鉱日石エネルギー(社長:一色誠一、以下「JXエネルギー」)、三洋化成工業㈱(社長:安藤孝夫、以下「三洋化成工業」)、SCG CHEMICALS Co.,Ltd(社長: Cholanat Yanaranop、以下「SCGケミカル」)の3社は、本日、タイにおけるENB※1製造装置新設の事業化検討に関する契約を締結し、共同でFS(フ...

エチレン・プロピレンゴム(EPDM)の製造プラントを建設【ランクセス】

2012年9月10日 ・ 2億3,500万ユーロの投資・ 年間製造能力16万トン・ 2015年から稼動開始予定・ ランクセスの中国における過去最大の投資・ 最大200名の雇用創出・ 持続可能なケルタンACE技術を導入した製造・ ランクセス、上海で初の「モビリティ・デイ」を開催 ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)...

新しい水素化製法によるZetpol®プラントの竣工式を開催【日本ゼオン】

2012年8月22日 日本ゼオン㈱(本社:東京都千代田区、社長:古河  直純)は、川崎工場(所在地:川崎市川崎区)内に新しい水素化NBR(以下Zetpol®)プラントの建設を完工し、8月22日に竣工式を開催した。 今日の自動車市場においては、低燃費、炭酸ガス低排出を目指した技術革新が進み、市場はグローバルに拡大してい...