検索結果

「#ゴム」の検索結果

硫黄と天然ゴムの結合点を解明 ~東京工業大学、理化学研究所と協業~

2022年10月26日    硫黄と天然ゴムの結合点を解明 ~東京工業大学、理化学研究所と協業~     住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、東京工業大学 石井佳誉教授、理化学研究所 大内宗城客員研究員らと共同で、タイヤ製造における、生ゴムに高温・高圧を加え硫黄と化学反応させる...

夢の低燃費タイヤの開発につながるバイオポリマーの合成に成功【住友ゴム工業】

2022年10月13日    夢の低燃費タイヤの開発につながるバイオポリマーの合成に成功 ~天然ゴムの品種改良により持続可能な社会に貢献~     住友ゴム工業(株)は、東北大学 高橋征司准教授、金沢大学 山下哲准教授、埼玉大学 戸澤譲教授らと共同で、夢の低燃費タイヤの開発...

AIによる配合生成技術を活用したゴムの配合設計システムを独自開発【横浜ゴム】

2022年8月10日    横浜ゴム、AIによる配合生成技術を活用したゴムの配合設計システムを独自開発    横浜ゴム(株)は2022年7月、情報システム開発子会社のハマゴムエイコム(株)の協力を得てAIによる配合生成技術を活用したゴムの配合設計システムを独自に開発し実用を開始しま...

住友理工の製品がトヨタの新型BEV「bZ4X」に採用

2022年6月14日    住友理工の製品がトヨタの新型BEV「bZ4X」に採用    住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 執行役員社長:清水和志)は、5月12日に発売されたトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)の電気自動車(Battery Elect...

カーボンニュートラル実現に向けた自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2022」に出展【NOK】

2022年5月18日    【NOK株式会社】カーボンニュートラル実現に向けた自動車技術展 「人とくるまのテクノロジー展 2022」に出展    NOK株式会社(本社:港区芝大門1-12-15、以下「NOK」)は、自動車技術の専門展「人とくるまのテクノロジー展 2022」に出展いたします。横浜と...

高電圧化が進む電動車部品向けの放熱用シリコーンゴムシートを開発【信越化学工業】

2022年4月13日    信越化学 、高電圧化が進む電動車部品向けの放熱用シリコーンゴムシートを開発     信越化学工業株式会社(本社:東京、社長:斉藤恭彦、以下「信越化学」)は、高電圧化が進む電動車部品向けの放熱用シリコーンゴムシート「TC-BGIシリーズ」を開発いたしまし...

ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮【住友ゴム工業】

2022年4月12日    ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮 ~トヨタ自動車の材料解析クラウドサービスを活用~     住友ゴム工業(株)は、トヨタ自動車株式会社が事業化に向けて実証実験を進めているクラウド材料解析プラットフォームサービス「WAVEBASE (ウエイブ...

CNT充填シリコーンゴム複合材料を共同開発【朝日ラバー】

2022年1月21日    CNT充填シリコーンゴム複合材料を共同開発 ―過酷な環境でも適用可能な導電シリコーンゴムとして、自動車向けに採用―     株式会社朝日ラバー(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長 渡邉 陽一郎、以下 朝日ラバー)と株式会社GSIクレオス(本社:東京都千...

横浜ゴム、NEDOおよび産総研、ADMATとの共同研究によりバイオマス由来のブタジエンゴムでタイヤを試作

2021年8月10日    横浜ゴム、NEDOおよび産総研、 ADMATとの共同研究によりバイオマス由来のブタジエンゴムでタイヤを試作    横浜ゴム(株)は6月、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)、先端素材高速開...

ゴム・樹脂ポリマーアロイを用いて自動車用エアコンホースの大幅な軽量化に成功【横浜ゴム】

2021年7月27日    横浜ゴム、ゴム・樹脂ポリマーアロイを用いて自動車用エアコンホースの 大幅な軽量化に成功    横浜ゴム(株)はこのほど、自動車用エアコンホースの大幅な軽量化に成功しました。現在、実用化に向けて開発を加速しており、2024年からの本格的な事業展開を目...