検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

世界で初めて小型トラックにマルチビューモニターシステムを搭載【日産自動車】

2013年1月25日 −「アトラスF24」の特装車として設定 − 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区  社長:カルロス ゴーン)は、「アトラスF24」特装車にマルチビューモニターを搭載した「ドライバン」と「冷蔵・冷凍車」を追加設定し、1月25日より全国一斉に発売します。 「マルチビューモニターシステム」は、20...

世界初、アルミニウム青銅を採用した「耐腐食性焼結軸受」を開発【NTN】

2012年12月28日 【耐腐食性に優れるアルミニウム青銅を採用】 NTN㈱(以下、NTN)は、ガソリンの中など、軸受の腐食が進みやすい環境で使用可能な「耐腐食性焼結軸受」を開発しました。 自動車や二輪車用のモータ式燃料ポンプや排気ガス再循環装置(EGR*1)には、一般的に青銅系焼結軸受や白銅系焼結軸受が使用され...

「エルグランド」に世界初「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」を採用【日産自動車】

2012年11月22日 -あわせて特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム ブラックレザー」「ハイウェイスター ブラックレザー」を追加- 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区  社長:カルロス ゴーン)は、「エルグランド」に世界初*1の 「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」を採用しました。また...

世界初、「水素とガソリン混合」を実現した水素エンジン自動車を発表【ITカーズ】

2012年9月25日 ―ITカーズが水素社会に向けた新たなソリューションを実証― 自動車業界をはじめ様々な分野で戦略的情報システムを提供しているITカーズ㈱(本社:東京都千代田区神田、竹馬徳昭社長)は9月25日、世界初となる「ガソリン混合水素エンジン」自動車へのコンバージョン(機能変換)キットを発表し、車検をク...

「複層焼結含油軸受」を開発【NTN】

2012年9月20日 【世界初!二色成形法による、高強度で耐摩耗性に優れた焼結含油軸受】 NTN㈱(以下、NTN)は、新開発の焼結成形方法を用いて、高い強度と耐摩耗性を合わせ持つ「複層焼結含油軸受」を開発しました。 焼結含油軸受は、すべり軸受として小型モータなど軽負荷の条件下で広く使用されますが、建設機械の関...

世界初 3,000V耐圧 窒化ガリウム縦型ダイオードの試作に成功【日立電線】

2012年9月3日 日立電線㈱(以下、「当社」)は、このたび、法政大学マイクロナノテクノロジー研究センター中村徹研究室(以下、「法政大学」)と㈱日立製作所中央研究所(以下、「日立製作所」)との共同研究により、世界で初めて*1 3,000V以上の高い逆方向耐圧かつ1mΩcm2程度の低い順方向のオン抵抗を持った窒化ガリウ...

日本初※1 車載機とスマートフォンとの連携サービス「MirrorLink™」を日本市場に導入【パナソニック】

2012年8月24日 パナソニック㈱ オートモーティブシステムズ社(代表者 柴田 雅久)は、昨年11月に欧州で開始した車載機とスマートフォンとの連携サービス「MirrorLink™」※2を、8月24日より日本市場で開始します。オートモーティブシステムズ社がトヨタ自動車㈱に納入しているディスプレイ・オーディオ※3「スマホナビ...

世界初! 『低周波磁界の人体曝露測定可視化システム』を計測器メーカー3社合同で構築!【ノイズ研究所/日置電機/ローデ・シュワルツ・ジャパン】

2012年7月3日 ~【空間磁界可視化システム 発売のご案内】~ ㈱ノイズ研究所、日置電機㈱、ローデ・シュワルツ・ジャパン㈱の3社は、お互いをソリューションパートナーとして、電子機器や電気設備などから発生する低周波磁界の結果をカラー強度分布と実画像を合成し可視化する、世界初のシステム(EPS-02EMF system)...

世界初、パルス放電回路を搭載した車載用鉛バッテリ状態検知センサーを量産開始【古河電気工業】

2012年6月22日 当社と古河AS㈱(本社:滋賀県犬上郡甲良町尼子1000、社長:黒川通豊)は共同で、パルス放電回路を搭載した車載用鉛バッテリ状態検知センサーを、世界で初めて開発しました。本センサーの使用により、エンジン停止時やスターターモータを搭載していない車両においても高精度な鉛バッテリの状態監視が可能...

太陽電池セルで集光時世界最高効率43.5%を達成【NEDO】

2012年5月31日 ―化合物3接合太陽電池で世界最高変換効率― NEDOの「革新的太陽光発電技術研究開発」プロジェクトの一環として、シャープ㈱が、世界最高の集光時セル変換効率※143.5%※2,3を、化合物3接合型太陽電池※4で達成しました。 本プロジェクトは、新材料・新規構造等を利用して太陽光発電の「モジュール変換効率40...