検索結果

「#建機/農機/重機」の検索結果

空港内緑地部の草刈作業を自動化するロボットトラクター「YT488A」を納入

2021年11月26日    空港内緑地部の草刈作業を自動化するロボットトラクター 「YT488A」を納入    <ロボットトラクター「YT488A」空港仕様> ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリジャパン株式会社(本社:大阪市、社長:渡...

欧州向け電動ミニショベル「SV17e」プロトタイプの 画像を公開

2021年11月24日    ・下記内容は、欧州で現地時間11月22日16:00(日本時間11月23日0:00)に発行したリリースを日本向けに編集したものです。 欧州向け電動ミニショベル「SV17e」プロトタイプの 画像を公開    <「SV17e」プロトタイプイメージ> ヤンマ...

今日からスマート農業!自動操舵に特化したエントリーモデルを発売

2021年11月1日    今日からスマート農業!自動操舵に特化したエントリーモデルを発売 お求めやすい価格で日本のスマート農業の普及を推進    株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、日本国内でのスマート農業の更なる普及を目指し、小型7インチディ...

坑内掘りハードロック向け鉱山機械を電動化 -米国プロテラ社との2つ目の協業を発表-【コマツ】

2021年10月27日    コマツ、坑内掘りハードロック向け鉱山機械を電動化 -米国プロテラ社との2つ目の協業を発表-     コマツ(社長:小川啓之)は、このたび坑内掘りハードロック向けの鉱山機械の電動化の実現に向け、米国のプロテラ社(会長(兼)CEO: Jack Allen)よりリチウムイ...

ホイールローダーWA470トンネル仕様車自動化対応車両を開発【コマツ】

2021年10月14日    コマツ、ホイールローダーWA470トンネル仕様車自動化対応車両を開発 -鹿島建設が進める山岳トンネル工事を対象とした自動化施工システムに協力-     コマツ(社長:小川啓之)は、お客さまが自社で開発した自動化施工システムに対応するインターフェース機能を...

最大可搬重量5トン、無人けん引車 新モデル 「CarriRo® Tractor 5T」を発表

2021年10月14日    最大可搬重量5トン、無人けん引車 新モデル 「CarriRo® Tractor 5T」を発表 -無人フォークリフトとの連携でパレット搬送の完全無人化を実現-    CarriRo Tractor 5Tで荷物を牽引している様子 株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷...

-作業現場の安全性向上に貢献-「衝突検知警報システム」をホイールローダーへ標準搭載開始【コマツ】

2021年10月4日    -作業現場の安全性向上に貢献- 「衝突検知警報システム」をホイールローダーへ標準搭載開始     コマツ(社長:小川啓之)は、独自開発した衝突検知警報システムなどの新たな機能を付加し(※1)、商品力を向上させたホイールローダー「WA270/320-8」を本年10月...

メンテナンスフリーのAGMバッテリー搭載 完全電動仕様ミニ・クローラクレーン『URW295CB3RA』を新発売【古河機械金属】

2021年9月13日    メンテナンスフリーのAGMバッテリー搭載 完全電動仕様ミニ・クローラクレーン『URW295CB3RA』を新発売     当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都千代田区大手町2-6-4 社長:山川 賢司)は、メンテナンスフリーのAGMバッテリー※1を新...

「周辺監視レーダ」が、コマツの新型電動式フォークリフトに採用

2021年9月17日    「周辺監視レーダ」が、コマツの新型電動式フォークリフトに採用 ~ フォークリフト後退時の走行進路・速度に応じて警報対象物の検知を最適化 ~    ● コマツの新型電動式フォークリフトの衝突検知警報システムに、古河ASの周辺監視レーダが採用 ● 準...

燃費性、整備性を向上した後方超小旋回ミニショベル「ViO17-1」を発売【ヤンマーホールディングス】

2021年9月1日    燃費性、整備性を向上した後方超小旋回ミニショベル「ViO17-1」を発売    <「ViO17-1」標準バケット容量0.04m2仕様> ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマー建機株式会社(本社:福岡県筑後市、社長:奥山博史...