検索結果

「#材料」の検索結果

ベース樹脂の高熱伝導化による新しい高熱伝導性樹脂材料を開発【カネカ】

2012年5月21日 -第61回高分子学会年次大会における研究発表のご案内- ㈱カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)は、熱可塑性樹脂そのものを高熱伝導化する技術を開発し、この技術を応用して高熱伝導性、良成形性、低比重、電気絶縁性を兼ね備えた樹脂材料を開発しました。今日熱伝導性樹脂材料は、自動車、情報端末...

天然ゴム資源「ロシアタンポポ」の研究活動を加速【ブリヂストン】

2012年5月17日 “天然ゴム供給源の多様化へ”天然ゴム資源「ロシアタンポポ」の研究活動を加速「100%サステナブルマテリアル化の実現に向けて」 ㈱ブリヂストンは、当社グループとしてタイヤの主要原料の中で大きなウェイトを占めるパラゴムノキ由来の天然ゴムに代わるあらたな天然ゴム資源を探っておりますが、その1つ...

ベルギーのブチルゴム製造拠点を強化【ランクセス】

2012年5月16日 ・ 製造能力10%増強工事が計画より早期に完了・ 持続可能で革新的な製造技術を開発する2つの新パイロットプラントを開設 ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、ベルギーのズヴェインドレヒト拠点にあるブチルゴムプラントの製造体制を強化することを発表しました。同拠点に大規模な投...

ブラジルにおけるポリプロピレン自動車材事業 新会社設立について【三井化学】

2012年5月14日 ㈱プライムポリマー(社長:大多和 保彦、以下「プライムポリマー」)は、ブラジル連邦共和国のコンパウンド会社であるProdumaster Indústria e Comércio Ltda.(以下「プロデュマスター社」)の出資持分の70%を取得し、同社を母体とする新会社「Produmaster Advanced Composites Indústria e Comércio d...

高耐熱性を持つ世界最強度のバイオポリエステルを開発 —自動車の軽量化に道—【科学技術振興機構】

2012年5月9日 ポイント ○ 低炭素社会構築に必須のバイオプラスチックには耐熱性や力学強度に問題点があった○ ポリフェノールをハイドロタルサイトの存在下で重合し高配向性の液晶性バイオポリエステルを合成○ 当該バイオポリエステルがガラス表面で自己配向することを発見し、ガラス繊維を混ぜることで強化に成功○ ス...

NCC向け大型複合材プレス成形システムを受注(川崎油工)【川崎重工業】

2012年4月25日 川崎重工グループの川崎油工は、名古屋大学の次世代複合材技術確立支援センター(NCC:National Composite Center、センター長 石川 隆司 工学研究科教授)向けに、「大型複合材プレス成形システム」を受注しました。受注金額は約9億円で、2013年3月に完成の予定です。NCCは、産学官の連携による炭素...

北米で自動車ブレーキパッド等摩擦材用「チタン酸カリウム」を生産【クボタ】

2012年4月23日 ~拡大する海外需要に対応し、更なる拡販を目指します~ 当社はこのほど、カナダの現地法人「クボタメタルコーポレーション(以下KMF)」の敷地内に新工場を建設し、自動車ブレーキパッド用摩擦材のチタン酸カリウムを生産することを決定いたしました。来年4月に量産開始し、今後、北米を中心に拡大する...

電気自動車向けリチウム空気電池のイノベーションを促進【日本アイ・ビー・エム】

2012年4月20日 IBMリサーチ、材料分野の新パートナーと共にBattery 500プロジェクトを強化旭化成、セントラル硝子、電気自動車向けリチウム空気電池のイノベーションを促進 [米国カリフォルニア州サンノゼ、2012年4月20日(現地時間)発] IBM(NYSE:IBM)は本日、業界のリーダー的企業である旭化成㈱(以下旭化成)...

ピオセランの新規高耐熱・高倍率グレードの開発について【積水化成品工業】

2012年4月19日 積水化成品工業㈱(本社:大阪市北区西天満2-4-4、社長:小野惠造)は、自動車関連製品として採用されている従来のピオセランから、さらに高耐熱・高倍率を実現した新規ピオセラン原料の開発に成功しました。この成形品は日本の大手自動車メーカーにて採用され、2012年度から本格量産を迎えます。 1. ...

神奈川工科大学と共同で低コスト炭素繊維複合材成形製造技術の研究を開始【東京アールアンドデー】

2012年4月12日 ㈱東京アールアンドデー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小野昌朗)は、今年度より神奈川工科大学(本部:神奈川県厚木市、学長:小宮一三)の永尾陽典教授(工学部・機械工学科・永尾研究室)と共同で、低コスト化を実現する複合材製造技術の研究を開始致します。この共同研究は、当社の中期事...