検索結果

「#電池」の検索結果

バッテリーの火災事故ゼロに向けて、バッテリー品質検査用の計測器を2022 年内に3 製品発売【日置電機】

2022年2月14日    バッテリーの火災事故ゼロに向けて、バッテリー品質検査用の計測器を2022 年内に3 製品発売    HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:岡澤尊宏)は、世界各国で需要が拡大しているLIB(リチウムイオンバッテリー)の安全性を向上させるため...

カーボンナノチューブを用いたシートによるリチウムデンドライトの抑制技術を開発【日本ゼオン】

2022年1月25日    カーボンナノチューブを用いたシートによるリチウムデンドライトの抑制技術を開発 -電流密度、寿命を飛躍的に改善し、大容量のリチウム金属電極(負極)を実現-     日本ゼオン株式会社(社長︓田中 公章)は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所と共同...

リチウムイオン二次電池「SCiB™」に、高入出力性能と高エネルギー密度を両立したセル「20Ah-HPセル」を新たにラインアップ

2022年1月12日    リチウムイオン二次電池「SCiB™」に、高入出力性能と高エネルギー密度を両立したセル 「20Ah-HPセル」を新たにラインアップ ~「SCiB™」の適用範囲を拡大し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献~     当社は、「高入出力タイプ」と「大容量タイプ」の2種類...

EV用バッテリー研究開発会社SESと共同開発契約を締結【本田技研工業】

2022年1月19日    EV用バッテリー研究開発会社SESと共同開発契約を締結     Hondaは、EV用バッテリー研究開発会社であるSES Holdings Pte. Ltd.(本社:米国ボストン、以下、SES)と、2021年12月にリチウム金属二次電池※1に関する共同開発契約を締結しました。  またSESは、SP...

インド持分法適用会社においてオートバイ用鉛蓄電池の生産能力2倍を目指す【GSユアサ】

2021年12月22日    インド持分法適用会社においてオートバイ用鉛蓄電池の生産能力2倍を目指す ~インドにおける需要拡大に対応~    株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、2005年10月に設立した持分法適用関連会社Tata AutoComp GY B...

明確なロードマップを策定:アウディ、eモビリティへの投資を増加(ドイツ本国発表資料)

2021年12月24日    明確なロードマップを策定:アウディ、eモビリティへの投資を増加(ドイツ本国発表資料)    > 2021年はeモビリティの年:アウディは製品ラインナップにおける電気自動車モデル数を倍増 > 2026年までの投資額:合計約370億ユーロ...

ステランティス、バルカン・エナジーとリチウム供給契約を締結(翻訳)

2021年12月15日    ステランティス、バルカン・エナジーとリチウム供給契約を締結(翻訳)    ※当文書は11月29日にアムステルダムにて発表された英語版プレスリリースの翻訳です。プレスリリースの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語版が優先されます。...

最高の効率で充電:Audi RS Q e-tronの高電圧バッテリー(ドイツ本国発表資料)

2021年12月24日    最高の効率で充電:Audi RS Q e-tronの高電圧バッテリー(ドイツ本国発表資料)    > ダカールラリーで遭遇する、未知の要件を考慮して設計 > 過酷なオフロード走行における充電プロセスに対応 > 制動時の回生を伴うイ...

ボルボ・カーズとノースボルト イェーテボリに研究開発センターを開設 バッテリーの開発と製造へ 300 億クローネを投資

2021年12月13日    ボルボ・カーズとノースボルト イェーテボリに研究開発センターを開設 バッテリーの開発と製造へ 300 億クローネを投資    ボルボ・カーズとノースボルトは、バッテリーの開発と製造への 300 億クローネ(約 3,759 億円*)の投資の 一環と...

500Wh/kg級リチウム空気電池を開発

2021年12月15日    500Wh/kg級リチウム空気電池を開発 ~世界最高レベルのエネルギー密度を実証~    概要 1. 国立研究開発法人物質・材料研究機構(以下「NIMS」)は、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と共同で、現行のリチウムイオン電池の重量エ...