検索結果

「#経済産業省」の検索結果

燃料電池自動車の普及促進策!圧縮水素運送自動車用容器の技術基準を改正しました【経済産業省】

2014年3月31日 本件の概要 経済産業省は、燃料電池自動車の平成27年(2015年)の本格的な普及に向けた準備の一環として、45メガパスカル※圧縮水素運送自動車用容器への対応等のため、高圧ガス保安法に基づく容器保安規則及び容器保安規則に基づき表示等の細目、容器再検査の方法を定める告示を改正しました。この改...

世界初!!日本の生活支援ロボットが国際安全規格( ISO13482 )認証を取得しました【経済産業省】

2014年2月17日 本件の概要 経済産業省が実施する「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果を基に、(一財)日本品質保証機構は、離床支援のためのロボット介護機器「リショーネ®」(パナソニック㈱)及び配送センター内高速ビークル管理システム「エリア管理システム」(㈱ダイフク)に対し、世界で初めて生活支...

生活支援ロボットの国際安全規格ISO13482が発行されました【経済産業省】

2014年2月5日 本件の概要 この度、生活支援ロボットの国際安全規格ISO13482が発行されました。この規格化は、経済産業省と(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構が実施する「生活支援ロボット実用化プロジェクト」で得られた生活支援ロボットの安全性に関する成果を国際標準化機構(ISO)に提案し、採用されたもの...

「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入重点分野」を策定致しました【経済産業省/国土交通省】

2013年12月25日 経済産業省及び国土交通省では、社会インフラの維持管理及び災害対応に関して、その効果・効率の一層の向上のため、それらを支えるロボットの開発・導入を推進すべく、平成25年7月16日「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会」を設置いたしました。 そして、インフラ管理者及び災害対応経験...

水素自動車及び水素スタンドの普及のための規則改正をしました【経済産業省】

2013年8月15日 本件の概要 自動車メーカー及び水素供給業者は、平成27年(2015年)に圧縮水素を燃料として使用する燃料電池自動車等の圧縮水素自動車の本格的な普及の開始を計画しています。当該計画を促進するため、経済産業省は、水素スタンドにおいて圧縮水素を貯蔵するための蓄圧器について、研究開発が完了し、...

ロシアの廃車税制度についてWTO協定に基づく協議を要請しました【経済産業省】

2013年7月24日 本日、我が国は、ロシアが自動車の輸入者及びロシア国内生産者に対して課している廃車税について、WTO協定に基づく協議を要請しました。 1. 概要 (1)ロシアは、平成24年9月より、自動車の輸入者及びロシア国内生産者に対し、廃車税の支払いを義務付けています。廃車税の額は、排気量、経年数など...

「EV・PHVタウンシンポジウム-in飛騨高山-」を開催します【経済産業省】

2013年7月10日 経済産業省は、平成25年8月6日(火)、EV・PHV 普及に向けた国内外の最新の取組を全国に紹介するため、高山市民文化会館(岐阜県高山市)において「EV・PHV タウンシンポジウム-in飛騨高山-」を開催します。 1. 背景 地球温暖化対策やエネルギーセキュリティの確保、また我が国の自動車産業の競争...

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の公募を開始します【経済産業省】

2013年5月30日 本件の概要 電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車の導入に対する補助を行う「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」について、本日から、一般社団法人次世代自動車振興センターにおいて公募を開始します。 担当 製造産業局 自動車課 電池・...

圧縮水素自動車燃料装置用容器の技術基準を改正しました【経済産業省】

2013年5月16日 本件の概要 自動車メーカ及び水素供給業者は、平成27年(2015年)に圧縮水素を燃料として使用する燃料電池自動車(圧縮水素自動車の一種)の本格的な普及を開始し、その際、燃料装置用容器には70メガパスカルの圧力の水素を充塡する計画です。 当該計画に対応するため、経済産業省は、圧縮水素自動車...

「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の公募を開始します【経済産業省】

2013年3月19日 本件の概要 電気自動車やプラグインハイブリッド自動車に必要な充電設備の設置に対する補助を行う「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」について、本日から、一般社団法人次世代自動車振興センターにおいて公募を開始します。 担当 製造産業局  自動車課  電池・次世代技術・ITS 推進室 公表...