検索結果

「#経済産業省」の検索結果

乗用車の新たな燃費基準に関する報告書が取りまとめられました【経済産業省】

2019年6月25日 本日、経済産業省及び国土交通省が共同で設置した燃費基準に関する審議会(注1)において、乗用車の新たな燃費基準に関する報告書が取りまとめられました。 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(昭和54年法律第49号)」に基づく乗用車の新たな燃費基準については、経済産業省及び国土交通省が...

乗用自動車の新たな燃費基準値等が提示されました【経済産業省】

2019年6月3日 本日、乗用自動車の燃費基準に関する審議会(注1)が開催され、新たな基準値等が提示されました。 新たな基準値は2030年度を目標年度とし、2016年度実績と比較して、32.4%の燃費改善となります。 経済産業省及び国土交通省が共同で設置した審議会において、2018年3月より「エネルギーの使用の合理化...

日インドネシア自動車対話を開催しました【経済産業省】

2019年2月12日 空飛ぶクルマ”が実現した未来を描いたイメージ動画・画像を作成しました 経済産業省は、1月29日、インドネシアの工業省と「日インドネシア自動車対話」をジャカルタで開催し、両国の自動車政策について議論し、多様な電動化自動車xEVが、環境、エネルギー安全保障、産業の発展上、重要であることを確認...

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめました【経済産業省】

2018年12月20日 空飛ぶクルマ”が実現した未来を描いたイメージ動画・画像を作成しました 経済産業省は、国土交通省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合を本日に開催し、ロードマップを取りまとめました。 1.背景・趣...

ラストマイル自動走行に関する新たな遠隔型実証実験を開始します【国土交通省】

2018年11月14日 ラストマイル自動走行に関する新たな遠隔型実証実験を開始します~遠隔ドライバー1名が2台の車両を運用する遠隔型自動運転の世界初の公道実証~  国土交通省・経済産業省は国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両を用いて、平成30年11月...

日本発の「自動車運転時の車道境界逸脱防止システム」に関する国際規格が発行されました【経済産業省】

2018年10月2日 交通事故のない社会を目指して ドライバーの不注意などにより自動車が車道を逸脱する恐れがある際、システムがステアリング及びブレーキを制御することで事故を未然に防ぐシステムに関する、日本発の国際標準が発行されました。このような予防安全機能を搭載した自動車製品が普及し、自動車による交通事...

「自動車新時代戦略会議」の中間整理を取りまとめました【経済産業省】

2018年8月31日 経済産業大臣主催の「自動車新時代戦略会議」を平成30年4月に設置し、自動車を取り巻く大きな環境変化の中で、我が国自動車産業が世界のイノベーションをリードし、環境問題の解決などに積極的に貢献していくための戦略について検討を進め、中間整理をとりまとめました。 1.背景 自動...

「ひたちBRT」の一部路線での自動運転小型バスによるラストマイル自動運転の実証評価(日立市)を開始します【国土交通省】

2018年8月27日  国土交通省・経済産業省は国立研究開発法人 産業技術総合研究所に委託し、自動運転レベル4相当の技術を搭載した小型バスを用いて、平成30年10月19日に「ひたちBRT」の一部路線(バス専用道路及び一般道の計3.2km)においてラストマイル自動運転の実証評価を開始します。  無人自動運...

特許庁、こども向け夏休みイベントを開催します【経済産業省】

2018年7月18日 特許庁は、子どもたちに創造や工夫の楽しさを知ってもらうため夏休みイベント(特許庁夏休みこども見学デー)を開催します。今年度は、プログラミング体験やロボット操作などのコンテンツを用意し、次代を担うIT人材への成長の機会を子どもたちに提供します。 1.開催概要 【日付】 平成30年8月1日(水...

自動車産業におけるモデル利用のあり方に関する研究会今後の方針『SURIAWASE2.0の深化』をとりまとめました【経済産業省】

2018年4月4日 本件の概要 経経済産業省は、「自動車産業におけるモデル利用のあり方に関する研究会」での議論を踏まえて、企業間のすりあわせ開発を、実機を用いずバーチャル・シミュレーションで開発を行う手法(MBD)により高度化する「SURIAWASE2.0」を深化させるための今後の方針「SURIAWASE2.0の深化」をとりまと...