検索結果

「#古河電気工業」の検索結果

自動車用アルミニウム材料の高品質溶接を実現【古河電気工業】

2019年6月7日 自動車用アルミニウム材料の高品質溶接を実現〜自動車用車体の軽量化、燃費向上に貢献〜 当社は、自動車用アルミニウム合金の溶接欠陥を大幅に抑制するファイバレーザ溶接技術を開発しました。本技術により、自動車用車体の軽量化による燃費向上、CO2排出量削減に大きく貢献します。 背景 近年、自動車...

《速報/人テク2019 横浜》電界結合ワイヤレス電力伝送技術/24GHzパルス式周辺監視レーダ/MCPETⓇ照明【古河電気工業:小間番号239】

・電界結合ワイヤレス電力伝送技術 ・24GHzパルス式周辺監視レーダ ・MCPETⓇ照明 電界結合ワイヤレス電力伝送技術 ・金属異物を加熱しない ・軽量 ・位置ずれに強い 24GHzパルス式周辺監視レーダ 世界初の「パルス方式」採用により、高い分離性能・優れた搭載性 MCPETⓇ照明 独自の光均一化技術を使用し多...

ベトナム拠点におけるアルミ電線の生産能力増強【古河電気工業】

2019年1月21日        古河電工グループの古河AS株式会社(本社;滋賀県犬上郡、社長;柴田 勝美、以下、当社)は、 アルミ電線を組み込んだ自動車用ワイヤハーネス(以下、W/H)の受注拡大に対応し、ベトナム拠点におけるアルミ電線の生産能力を増強することを決定しました。 背景 世界の自動...

リチウムイオン電池用銅箔50枚のレーザ溶接に成功【古河電気工業】

2018年12月3日 リチウムイオン電池用銅箔50枚のレーザ溶接に成功〜リチウムイオン電池の大容量化に貢献〜 金当社はリチウムイオン電池用銅箔のレーザ溶接に成功しました。レーザによる接合では初めて50枚の貫通溶接を達成しました。この技術により、リチウムイオン電池の小型化、大容量化に大きく貢献します。本技術に...

準ミリ波レーダによる「逆走検知システム」を開発【古河電気工業】

2018年11月22日 準ミリ波レーダによる「逆走検知システム」を開発~様々な屋外環境下で安定した検知性能を実現~ 一部報道について 一部の報道機関で、当該システムが高速道路各社殿で正式に採用されたことの記事が掲載されましたが、事実ではございません。 当社は、自動車の先進運転支援システム(注1)用とし...

インド・ミンダ フルカワ エレクトリックの経営権を取得【古河電気工業】

2018年11月21日 インド・ミンダ フルカワ エレクトリックの経営権を取得 〜インドにおける自動車部品事業の商圏を拡大〜 当社と古河AS(本社 滋賀県犬上郡甲良町)(以下 当社グループ)は、インドの自動車部品メーカーグループであるスパーク ミンダ(アショックミンダ)グループとの合弁会社で、当社グループが49%...

耐熱性に優れた無酸素銅条「GOFC」増産へ【古河電気工業】

2018年9月20日 耐熱性に優れた無酸素銅条「GOFC」増産へ~良好な熱伝導と優れた耐熱性でお客様に価値を提供~ このたび当社は、無酸素銅条(C1020)の耐熱性を向上させた「GOFC」の増産体制を整えました。 この製品は、自動車用パワーモジュールの基板やその周辺部材の材料として開発に成功し、昨年(2017年)の4月に上市...

「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」に出展【古河電工】

2018年6月19日 自動運転×軽量化 「未来のクルマ研究所」 をテーマに、自動運転や軽量化に活きる「夢のアイテム」をご紹介します。 私達が得意とする3つのコア素材『メタル、ポリマー、フォトニクス』を駆使した製品・技術をぜひご覧ください。 人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋 公式サイト 会期 2...

フィリピンの自動車用ワイヤーハーネス生産拠点を拡張【古河電気工業】

2018年5月21日        〜北米向けを中心にグローバル車向け受注増に対応〜 古河電工グループの古河AS株式会社(本社;滋賀県犬上郡、社長;柴田 勝美、以下、当社)は、北米市場を中心としたグローバル車向け自動車用ワイヤハーネス(以下、W/H)の新規受注を獲得し、フィリピン拠点の生産能力を...

自動車用亜鉛めっき鋼板の溶接技術を隙間ゼロで実現【古河電気工業】

2018年4月24日 自動車用亜鉛めっき鋼板の溶接技術を隙間ゼロで実現〜自動車用車体の製造コスト削減と高性能化に貢献〜 当社は、自動車用亜鉛めっき鋼板(注1)の溶接時における溶接欠陥を飛躍的に削減するファイバレーザ技術「LC3W;Laser Continuous, Close Contact Welding:エル・シー・キューブ・ウェルディング」...