検索結果

「#新エネルギー・産業技術総合開発機構」の検索結果

バイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを短期間で開発【横浜ゴム】

2019年7月22日 横浜ゴム(株)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)との共同研究により、インフォマティクス(情報科学)を活用しバイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを開発しました。また、生成したブタジエンを使っ...

川崎市多摩区で「ソーラーカー工作教室」を開催【NEDO】

2019年7月12日 川崎市多摩区で「ソーラーカー工作教室」を開催―エネルギー・環境の大切さを子どもたちへ―  NEDOは、川崎市多摩区の多摩区役所で8月2日に行われる「夏休み!多摩区エコフェスタ」(役所主催)に参加し、「ソーラーカー工作教室」を開催します。 「ソーラーカー工作教室」は、エネルギーや太陽光発電...

世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始【トヨタ自動車】

2019年7月4日 世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始-運輸分野におけるCO2排出量削減に向け、太陽電池活用の可能性を検証- NEDO、シャープ(株)(以下、シャープ)、トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、高効率太陽電池を電動車に搭載することによる、EV航続距離や燃費向上効果の検証を...

川崎市幸区で「ソーラーカー工作教室」を開催【NEDO】

2019年6月25日 川崎市幸区で「ソーラーカー工作教室」を開催―エネルギー・環境の大切さを子どもたちへ―  NEDOは、8月7日に幸市民館で行われる「さいわい子どもエコフェア」(川崎市幸区役所主催)に参加し、「ソーラーカー工作教室」を開催します。  「ソーラーカー工作教室」は、エネルギーや太陽光発電について...

世界初、100:1の減速比でも逆駆動可能なギヤを開発【NEDO】

2019年1月30日 世界初、100:1の減速比でも逆駆動可能なギヤを開発―ロボットの関節やEVの変速機などへの展開に期待―  NEDOと横浜国立大学は、減速機の構成要素を最適化することで動力伝達効率を飛躍的に高め、従来不可能であった100:1を超えるような高い減速比の減速機でも、逆駆動が可能となるギヤ(バイラテラ...

青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを達成【島津製作所】

2019年1月29日 青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを達成―金属のレーザー切断実現へ、航空・宇宙・電気自動車などの産業応用に期待― NEDOプロジェクトにおいて、(株)島津製作所と大阪大学は、青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを実現しました。これは、同プロジェクトで昨年達成した出力の10倍です。 ...

世界初、無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を実施【NEDO】

2018年12月14日 世界初、無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を実施―福島ロボットテストフィールドで、有人ヘリコプター衝突回避の模擬飛行試験― NEDO、(株)SUBARU、日本無線(株)、日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、福島県と南相馬市の協力の...

人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します【日本無線】

2018年9月6日 人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します-国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構と研究開発についての業務委託契約を締結- 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(所...

川崎市多摩区で「ソーラーカー工作教室」を開催【NEDO】

2018年7月25日 川崎市多摩区で「ソーラーカー工作教室」を開催―エネルギー・環境の大切さを子どもたちへ―  NEDOは、8月3日に多摩区役所で行われる川崎市多摩区役所主催の「夏休み!多摩区エコフェスタ」に参加し、「ソーラーカー工作教室」を開催します。  「ソーラーカー工作教室」では、エネルギーや環境の大切...

世界初、実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功【NEDO】

2018年7月4日 世界初、実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功―量産プロセスにも適用可能な拡散焼結技術により実現―   NEDO事業において、産業技術総合研究所は、世界で初めて実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功しました。  PCFCは、理論的に...