検索結果

「#インフラ」の検索結果

EV/PHV利用促進プラットフォーム事業を展開【トヨタメディアサービス/豊田自動織機/日本ユニシス】

2014年11月27日 トヨタメディアサービス、豊田自動織機、日本ユニシス、EV/PHV利用促進プラットフォーム事業を展開—愛知県のサポートで実証事業— トヨタメディアサービス㈱(本社:愛知県名古屋市、社長:友山 茂樹、以下 トヨタメディアサービス)、㈱豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長:大西 朗、以下 豊田自...

未来の「インテリジェント交通」の欧州での試験走行デモを実施【NXPセミコンダクターズN.V.】

2014年11月13日 NXPとパートナー企業、未来の「インテリジェント交通」の欧州での試験走行デモを実施 欧州の道路交通のスマート化、グリーン化、安全性向上のための画期的なプロジェクトにNXP、シーメンス、ホンダ、Cohda Wirelessなどの業界リーダーと政界が協力 NXP Semiconductors N.V.は、業界をリードするパート...

IoT(Internet of Things)分野の協業に関する覚書締結について【東芝】

2014年11月13日 製造、交通・運輸、スマートシティを中心とした産業分野でのソリューション開発、事業化を検討 ㈱東芝(東京都港区、代表執行役社長 田中久雄 以下、「東芝」)とシスコシステムズ社(会長兼CEO:ジョン・チェンバーズ、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下、「シスコ」)は、IoT(Internet of...

当社商用水素ステーションの開所について【JX日鉱日石エネルギー】

2014年11月12日 当社(社長:杉森 務)は、本年12月に商用の水素ステーションの1号店を開所し、また今年度内に1号店を含め合計11ヵ所を開所することといたしましたので、お知らせします。 当社は、これまで燃料電池自動車に水素を供給する水素ステーションについて実証事業を行い、技術面・運営面でのノウハウを蓄積...

AplixのBeaconが京都市交通局の京都市営バスで採用【アプリックスIPホールディングス】

2014年10月31日 ~ 世界初、Beaconで交通インフラを支援するサービスの実運用を開始 ~ アプリックスIPホールディングス㈱(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、位置情報やO2Oなどの幅広いサービスの新しいソリューションとして注目されているアプリックスのBeaconが、京都市内交通の...

九州初の「商用水素ステーション」がオープン 水素エネルギー社会に向けて小倉からアピール【岩谷産業】

2014年10月22日 岩谷産業㈱(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、2015年度に一般販売が予定されている燃料電池自動車(FCV〈Fuel Cell Vehicleの略〉)や今後普及が期待される燃料電池バスに水素を供給するためのインフラ整備に取り組んでおりますが、このたび、九州で初めてとなる「商用水素ステ...

充電器1,000台による充電インフラネットワークの構築を達成【日本ユニシス】

2014年9月18日 ~ 今年度末3,000台規模へ拡大 ~ 日本ユニシス㈱(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、充電インフラシステムサービス「smart oasis®(スマートオアシス)(注1)」を用いた充電器1,000台による、電気自動車(EV)・プラグインハイブリット車(PHV)の充電インフラネットワーク...

スマート水素ステーションを、さいたま市東部環境センター内に設置 ~高圧水電解システムを採用した「パッケージ型」水素ステーション~【本田技研工業】

2014年9月18日 Hondaは、さいたま市、岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪 社長:野村 雅男)と共同で、Hondaの独自技術である高圧水電解システムを採用した、パッケージ型「スマート水素ステーション」を、さいたま市東部環境センター(さいたま市見沼区)内に設置し、本日引渡し式を行いました。式典には、清水 勇人 ...

FCV向け商業用水素ステーションの起工式を実施【豊田通商】

2014年9月1日 豊田通商㈱(以下:豊田通商)は、本日、名古屋市熱田区にて、名古屋熱田水素ステーションの起工式を行いました。式典には、日本エア・リキード㈱の取締役副社長 守舎(もりしゃ)明彦氏、豊田通商の取締役副社長 浅野幹雄をはじめ、トヨタ部品愛知共販㈱、㈱シグマ商事など関係者が出席し、工事の無事...

東京タワー直下に水素ステーション建設 本格的な水素エネルギー社会に向けての新たなランドマーク【岩谷産業】

2014年8月28日 岩谷産業㈱(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、2015年に一般販売が予定されている燃料電池自動車(FCV)や、導入が期待される燃料電池バスへの水素需要に対応すべく、商用水素ステーションの整備に取り組んでおりますが、このたび、最も需要が見込まれる東京都心への建設が決定...