検索結果

「#センサ」の検索結果

AEC-Q101準拠の優れた近接+アンビエントライトセンサーを発表【ビシェイジャパン】

2014年6月18日 ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE: VSH 、日本法人:ビシェイジャパン㈱、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、オプトエレクトロニクス部門から、AEC-Q101規格に準拠、業界でトップクラスの動作温度範囲を最大+105 ºCまでとする、近接+アンビエントライトセ...

非常時に緊急サービスへの連絡を可能にする車載用加速度センサを発表【STマイクロエレクトロニクス】

2014年6月3日 多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、加速度センサの主要サプライヤ(1) であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、業界をリードするモーション・センサのポートフォリオに、「世界初」となる製品を 追加しました。3軸加速度センサ(デジタル出力)の新製品...

フレキシブケーブル採用の産業用ボードカメラで撮影をもっと自由に!/Baumer社MXシリーズ登場!【アルゴ】

2014年6月3日 MXシリーズはフレキシブルケーブルを用いた分離ヘッド型の組み込み用ボードタイプカメラだ。センサーヘッド部のボードサイズは28.5 x 28.5mmと小型なデザインを採用。94mmフレキシブルケーブル(オプションで200mm対応可能)が多彩な方向へのヘッド固定とコネクタ方向固定を実現し、低背ボード設計によ...

車両の安全性向上に寄与するセンサー 新世代のボッシュの慣性センサー ヨーレートと加速度を組み合わせて測定できるSMI7xy【ボッシュ】

2013年3月10日 ● ESCから横転検知まで幅広い用途をカバー● ISO 26262準拠のASIL Dまでのアプリケーションで使用可能● 極めて省スペース設計&ロバストな操作に最適 ボッシュが新世代の慣性センサーを市場投入することになりました。このSMI7xyセンサープラットフォームは、特にアクティブ/パッシブセーフティシステ...

ボッシュが新しい加速度センサーを発表【ボッシュ】

2014年3月10日 エアバッグシステムをよりスムーズに開発可能ボッシュが新しい加速度センサーを発表SMA6xyの標準化されたハウジングにより一段とシンプルなデザイン・インを実現 ● マイクロカットに対する保護性能が大幅に向上● フレキシブルな設置方向により設計の自由度が拡大● ISO 26262準拠のASIL Dエアバッグシス...

高感度・薄型の圧電センサーを開発しました ~居眠りや疲労の検知、高齢者の体調見守りなど、幅広い用途を検討~【積水化学工業】

2014年4月14日 積水化学工業㈱(社長:根岸修史、以下当社)高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:加藤敬太)では、独自で設計した超緻密発泡構造を有するポリオレフィンフォームを材料とした、「高感度」、「薄型」、「フレキシブル」、「高耐久(電圧性能の保持)」の各機能を併せ持った圧電センサーを開発...

ヴァレオの革新的なバックオーバープロテクションシステムが 2014 Automotive News PACE アワードを受賞【ヴァレオジャパン】

2014年4月9日 ヴァレオのバックオーバープロテクションシステムが、2014年オートモーティブニュース PACE (Premier Automotive Suppliers’ Contribution to Excellence)アワードを受賞しました。バックオーバープロテクションシステムは、駐車支援用の超音波センサーとリアカメラを組み合わせたもので、双方...

AUTOSAR仕様ベース 次世代車載制御システム向け 1/10スケールミニチュアカー販売開始【ゼットエムピー】

2014年3月26日 -「RoboCar® 1/10」にAUTOSAR OS仕様ベースのリアルタイムOS「TOPPERS/ATK2」を搭載。AUTOSAR仕様ベースの車載制御システムの研究開発や学習に- ㈱ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口  恒)は、当社の実車1/10スケールのミニチュアカー「RoboCar®1/10 」に、AUTOSAR OS仕様ベースの...

ドライバーの疲労状態を検出するセンサーを研究【ボルボ・カー・ジャパン】

2014年3月18日 車を運転するドライバーが疲労していたり、注意力が低下している状態にあることを車が認識するシステムによって、未来の車はさらに安全になります。例えばこのシステムにより、ドライバーが目を閉じているのか、どこを見ているのかを検出することも可能となります。 「このシステムがいざというときに...

走行ログ再生機能搭載 車載CAN データ送受信機販売開始【ゼットエムピー】

2014年3月14日 -実験走行時に保存したCANデータをPC上でシミュレート。実走行なしで繰り返し実験が可能に- ㈱ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口  恒)は本日、当社の2チャンネルCANデュアルBluetoothトランシーバ「カートモ® UP PRO 2014」に走行ログ再生機能を付加するオプションソフトウェア「...