検索結果

「#世界初/日本初/世界最高レベル」の検索結果

【メルマガAEG No491 特別版】1~7月を振り返る 自動車業界注目のキーワード/企業 BEST30

※こちらに掲載されているメールマガジンは、発行日現在の情報ですのでご注意ください。   ━Automotive Engineers’Guide━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 公益社団法人自動車技術会:メルマガAEG【No491】特別版                         2019年8月19日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施【NEDO】

2019年7月25日 世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施―搭載した各種センサーで有人ヘリコプターを探知し自律的に衝突を回避―  NEDO、(株)SUBARU、日本無線(株)、日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、福島県、南相馬市、(公財)福島イノベ...

世界初CAN FD Class3対応コモンモードチョークコイルを商品化【村田製作所】

2019年7月29日 株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、世界で初めて*1 IEC62228-3*2で次世代車載ネットワークCAN FD*3用コモンモードチョークコイル(以下、CMCC)に求められるDCMR*4 Class3*5に適合した、巻線コモンモードチョークコイル「DLW32SH101XF2」(以下、本製...

世界初、自動運転タクシー等によるMaaSを活用した 都市交通インフラの実証計画が始動【ZMP】

2019年7月22日 世界初、自動運転タクシー等によるMaaSを活用した 都市交通インフラの実証計画が始動~空港リムジンバスと連携した都心部での自動運転タクシーサービス~ 実証実験の概要(予定) 実施時期/期間:2019年11月/2週間 自動運転タクシー走行ルート:丸の内パークビルディング(東京都千代田区)-東...

世界初のタンブル流強化技術をインド生産二輪車Activa125に搭載して発売【本田技研工業】

2019年6月12日  Hondaのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、6月12日(水)11時30分(現地時間)に、世界初※1となるタンブル流※2強化技術を搭載した新型「Activa125」を発表しました。 Activa125  「Activa110」と「Activa1...

COMPIUTEX Taipei 2019において、世界初のスマートフォン用運転支援アプリケーションを公開【VIA Technologies】

2019年5月31日 2019年5月31日 台湾・新北市 – VIA Technologies, Inc.は、本日、COMPUTEX Taipei 2019において、世界初のスマートフォン向け運転支援アプリケーションのデモンストレーションを公開いたしました。VIA-AIは、アダプティブ運航コントロール(ACC)、車線維持支援システム(LKAS)、およびCANバス...

ボルボ・カーズとPOC、世界初の車とサイクリスト用ヘルメットとの衝突試験を開発【ボルボ・カー・ジャパン】

2019年6月4日 車の安全におけるリーダーであるボルボ・カーズは、スウェーデンのスポーツ用品とその安全性におけるトップブランドであるPOCと提携し、サイクリストの保護を目的とした新しい研究プロジェクトを立ち上げました。その一環として、世界で初めて車とサイクリスト用ヘルメットに関する一連の衝突試験を実施し...

世界初、28GHz帯に対応する5G端末向けのガラスアンテナで通信に成功【AGC】

2019年5月29日 世界初、28GHz帯に対応する5G端末向けのガラスアンテナで通信に成功 ~室内や建物内での安定した5G高速通信が可能に~     株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、AGC株式会社(以下、AGC)とエリクソン・ジャパン株式会社(以下、エリクソン)は、自動車や鉄道などの車室内や建物...

世界初レーザースキャン方式による車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)用プロジェクションユニットの量産を決定【リコーインダストリアルソリューションズ】

2016年5月11日 世界初レーザースキャン方式による車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)用プロジェクションユニットの量産を決定~鳥取県および鳥取市と事業拡大に係る協定書を締結~  リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:竹本 浩志)は、革新が求められる車載HMI[i]分野に向けて、2018年11...

三菱重工工作機械、最新の金属3D積層造形技術を米国見本市で披露 世界初のモニタリングフィードバック機能とシールド機能を積極アピール【三菱重工業】

2019年5月16日 ◆ チタンやニッケル基合金など多様な素材の高速・高精度造形を実現、大型部品にも対応 ◆ デトロイトで5月開催の見本市「RAPID+TCT 2019」で初めて新技術を紹介 パウダDED方式金属3Dプリンタ機「LAMDA200」 三菱重工グループの三菱重工工作機械株式会社(社長:岩﨑 啓一郎、本社:滋賀県栗東市)...