検索結果

「#コマツ」の検索結果

Hondaとコマツ 共同開発を開始

2021年6月10日    Hondaとコマツ 共同開発を開始 ~交換式バッテリー「モバイルパワーパック」を活用した電動マイクロショベルの開発および土木・建設業界向けバッテリー共用システムの構築~     本田技研工業株式会社(代表取締役社長:三部敏宏 以下、Honda)とコマツ(代表取...

創立100周年記念活動 コマツ初 リチウムイオンバッテリー搭載のフル電動・オペレーター非搭乗式ミニショベルの コンセプトマシンを発表【コマツ】

2021年5月13日 -ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、 人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓く- 創立100周年記念活動 コマツ初 リチウムイオンバッテリー搭載のフル電動・ オペレーター非搭乗式ミニショベルの コンセプトマシンを発表  コマツ(社長:小川啓之)は、5月13日に創立100周年を迎えるにあた...

―低炭素化社会の実現に向けCO2排出削減に貢献― 電動式フォークリフト「FE25-2」、「FE30-2」を新発売【コマツ】

2021年3月10日    ―低炭素化社会の実現に向けCO2排出削減に貢献― 電動式フォークリフト「FE25-2」、「FE30-2」を新発売     コマツ(社長:小川啓之)は、低炭素化社会の実現に向けて、CO2排出削減に貢献する電動式フォークリフト「FEシリーズ」の導入拡大を図るため、本年3月...

NTTドコモとの共同実験で初成功 商用5Gによる鉱山向け大型ICTブルドーザー遠隔操作の実証実験【コマツ】

2021年02月02日 NTTドコモとの共同実験で初成功 商用5Gによる鉱山向け大型ICTブルドーザー遠隔操作の実証実験 ―「docomo Open House 2021」に出展―  コマツ(社長:小川啓之)は、本年2月4日から7日までの4日間、オンライン上で開催される「docomo Open HouseTM 2021」*1にて、株式会社NTTドコモ(以下、ド...

中小型クラス油圧ショベル電動化共同実証実験開始【コマツ】

2021年1月26日 中小型クラス油圧ショベル電動化共同実証実験開始―米国プロテラ社との協業を発表―  コマツ(社長:小川啓之)は、このたび中小型クラスの油圧ショベルの電動化(バッテリー駆動式建設機械)の実現に向け、米国のプロテラ社(会長(兼)CEO: Jack Allen)よりリチウムイオンバッテリーシステムの供給を受...

大型油圧ショベル「PC1250-11R」を新発売【コマツ】

2020年12月1日  コマツ(社長:小川啓之)は、最新技術を随所に織り込んだ大型油圧ショベル「PC1250-11R」を本年12月より発売しました。  当該機は、自社開発の新型エンジンを搭載し、従来機(※1)の商品力や基本性能を継承しつつ、燃費改善や安全性向上、KOMTRAX PlusなどのICT機能強化を織り込み、更なる生産性・...

<オフロード法2014年基準適合> ブルドーザー「D71PX/PXi-24」を新発売【コマツ】

2020年12月1日  コマツ(社長:小川啓之)は、最新技術を随所に織り込み、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(※1)2014年基準に適合したブルドーザー「D71PX/PXi-24」を本年12月より発売しました。  D71PX/PXi-24は、コマツのHST搭載(※2)ブルドーザーの中で最大クラスの新規開発機種であり、D65PX-18 ...

<オフロード法2014年基準適合> ホイールローダー「WA150-8」を新発売【コマツ】

2020年6月2日  コマツ(社長:小川啓之)は、最新技術を随所に織り込み、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(※1)2014年基準に適合したホイールローダー「WA150-8」を本年6月より発売しました。  当該機は、WA150-6(オフロード法2006年基準)のモデルチェンジ機として、約6年ぶりに2014年基準適合車と...

ホイールローダー「WA900-8R」を新発売【コマツ】

2019年9月13日   コマツ(社長:小川啓之)は、最新技術を随所に織り込んだホイールローダー「WA900-8R」を発売しました。  当該機は、作業負荷に応じた最適なパワー供給システムと低燃費油圧システムにより無駄な燃料消費を抑えることで、燃料消費量を当社従来機に比べ10%低減(※1)するなど、生産性と燃費性能の両方...

BHP社サウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)へ 41台の超大型ダンプトラック930E-5を導入【コマツ】

2019年9月5日  コマツ(社長:小川啓之)は、豪英資源大手BHP社のサウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)向けに、超大型ダンプトラックの最新モデルであり、無人ダンプトラック運航システム(Autonomous Haulage System以下AHS)を後付け可能な930E-5を計41台導入し、2019年10月より順次稼働を開始します...