検索結果

「#材料」の検索結果

高速モータ用Si傾斜磁性材料 『JNRF™』を開発【JFEスチール】

2020年12月3日 高速モータ用Si傾斜磁性材料 『JNRF™』を開発~高周波低鉄損と高磁束密度を両立した電磁鋼板~ 当社はこのたび、CVD(化学気相蒸着)連続浸珪プロセス技術(※1)を用い、高周波鉄損(※2)の低減と磁束密度(※3)の向上を両立した高速モータ用Si傾斜磁性材料『JNRF™』を新たに開発しました。これにより、モータ...

ゴム成形品の軽量化を実現する成形用シリコーンゴムを開発【信越化学工業】

2020年11月18日 信越化学工業株式会社(本社:東京、社長:斉藤恭彦、以下「信越化学」)は、このたびゴム成形品の軽量化を実現する低密度タイプの成形用シリコーンゴムを開発しました。LIMS(Liquid Injection Molding System=液状シリコーンゴム射出成形システム)材料では、業界初となります。 ゴム成形品の軽...

CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成

2020年11月27日 CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成-水が副生しない新しい反応で高効率な合成を実現-   ポイント ●CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成する触媒技術を開発 ● 水を副生しない反応プロセスで触媒が長寿命化●CO2を炭素資源とし...

「LEXUS」の新型「LS」に箔一の箔装飾が採用!  自動車のインテリアに世界初(※1)『プラチナ箔』で装飾。【箔一】

2020年11月19日 株式会社箔一(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:浅野 達也)の箔装飾が、トヨタ自動車株式会社から2020年11月19日(木)に発表される「LEXUS」の新型「LS」のインテリアに採用されました。本仕様は、ドアトリム部分の装飾としてプラチナ箔を使用。世界で初めて(※1)、自動車のインテリアに『プラチナ...

新材料探索プラットフォーム「TABRASA(タブラサ)」のSaaSサービス提供を開始【長瀬産業】

2020年11月18日 新材料探索プラットフォーム「TABRASA(タブラサ)」のSaaSサービス提供を開始~IBMと共同開発したマテリアルズ・インフォマティクス(MI) 知識を体系化しデータを価値に 研究開発のDXを通じたイノベーションを加速~ ●化学系専門商社の長瀬産業とIBMが共同で、クラウド型(SaaS)のマテリアルズ・イ...

ボーイング、ストラタシスのAntero 800NA材料を3Dプリンティングによる航空機部品向けに認証【ストラタシス・ジャパン】

2020年11月10日ボーイング、ストラタシスのAntero 800NA材料を3Dプリンティングによる航空機部品向けに認証他の材料と比較し高い耐薬品性と疲労耐性を備えたPEKKベース材料、ボーイングにポリマー航空機部品向けの新しい高性能オプションを提供 Stratasys Ltd.(以下ストラタシス)は、米ボーイングがAntero 800NA熱可...

ACC-CNFのエレクトロニクス分野への応用【中越パルプ工業】

2020年11月16日 ACC-CNFのエレクトロニクス分野への応用~電子部品の接合部材への適用~  当社の水中対向衝突法(ACC法)で製造したセルロースナノファイバー「当社商標名nanoforest®」(以下CNF)が、松尾ハンダ株式会社製造のソルダペーストの添加剤として採用されたことをお知らせいたします。 【お問合せフォー...

リチウムイオン二次電池用無孔セパレータを創出【東レ】

2020年11月19日 リチウムイオン二次電池用無孔セパレータを創出-金属リチウム負極電池の安全化で電池容量の大幅向上に貢献-  東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、この度、リチウムイオン二次電池(LiB)用無孔セパレータの創出に成功しました。当社は本セパレータをウェアラブルデ...

化学分野における新製品研究プロセスを効率化するソフトウエアChemicals Informaticsを発売【日立ハイテクソリューションズ】

2020年11月10日  株式会社日立ハイテクソリューションズ(取締役社長:谷口 昌弘/以下、日立ハイテクソリューションズ)は、化学分野における研究開発プロセスの高度化・高効率化に伴い、このたび付加価値の高い新素材の早期市場投入を支援するソフトウエア「Chemicals Informatics」を発売します。  昨今の化学業...

世界一長尺なカーボンナノチューブフォレストの成長に成功【早稲田大学】

2020年10月27日 世界一長尺なカーボンナノチューブフォレストの成長に成功~14cmを実現する新規成長方法の開発~ 発表のポイント  ・カーボンナノチューブ(CNT)は優れた物性を持ち、様々な分野での応用が期待されているが、   長尺に成長させることが難しく、実用化を妨げる要因となっている。  ・高い...