検索結果

「#表彰」の検索結果

第10回新機械振興賞「経済産業大臣賞」を受賞【富士重工業/日立オートモティブシステムズ】

2013年1月24日 富士重工業㈱(以下、富士重工業)と、日立オートモティブシステムズ㈱(以下、日立オートモティブシステムズ)は、このたび、富士重工業と日立オートモティブシステムズが共同開発した運転支援システム「EyeSight」において、第10回新機械振興賞「経済産業大臣賞」(主催:一般財団法人機械振興協会)...

新型「キャンター エコ ハイブリッド」がアイルランド「Irish Green Commercial of the Year 2013」を受賞【三菱ふそうトラック・バス】

2013年1月25日 三菱ふそうトラック・バス㈱(代表取締役社長:アルバート・キルヒマン、本社:神奈川県川崎市、以下:MFTBC)は、新型「キャンター エコ ハイブリッド」がアイルランドの第8回フリート輸送アワードにおいて「Irish Green Commercial of the Year 2013」を受賞したことを発表しました。 アイルランドの...

本田技研工業から「環境賞」を受賞【横浜ゴム】

2013年1月22日 横浜ゴム㈱は、本田技研工業㈱が取引先企業を対象に贈呈する2012年度優良感謝賞の「環境賞」を受賞した。1月9日(水)、明治記念館(港区元赤坂)で開催された「本田技研工業 2013年お取引先懇談会」で授賞式が行われ、本田技研工業の伊東孝紳代表取締役社長から横浜ゴムの野地彦旬代表取締役社長に表...

「省エネ・照明デザインアワード2012」を受賞【日産自動車】

2013年1月16日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は16日、環境省が主催する「省エネ・照明デザインアワード2012」において、同社の販売会社である日産プリンス静岡販売㈱ 中村町店が、商業・宿泊施設部門において優秀事例として選出されたと発表しました。 「省エネ・照明デザインアワ...

スバル全モデルが米国IIHSの2013年安全評価で最高評価である「トップセイフティピック」を獲得【富士重工業】

2012年12月25日 ~ レガシィ、アウトバックが2013年基準に新規追加された「トップセイフティピック+」を受賞 ~~ 4年連続で全モデルが「トップセイフティピック」を受賞した唯一のメーカーに ~ 富士重工業の米国販売会社スバル オブ アメリカ インク*1は、北米地区で現在販売しているスバルの2013年型全モデルが...

SUBARU BRZがオーストラリア「Wheels」誌のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞【富士重工業】

2012年12月19日 SUBARU BRZが、オーストラリアの自動車専門誌「Wheels(ホイールズ)」が主催する「2012年Wheels カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。* 本賞は、オーストラリアの自動車に関する賞で最も権威があるものとされ、毎年対象となる新車について、機能、技術、燃費、安全、価値といった項目を評価し、最...

スバル インプレッサ XVが「オートカラーアウォード2013」でグランプリを初受賞【富士重工業】

2012年12月14日 富士重工業のインプレッサ XV(外装色:デザートカーキ、内装色:ブラック)が、12月13日に開催された「オートカラーアウォード2013」(主催:一般社団法人 日本流行色協会 JAFCA)において、グランプリを受賞しました。本顕彰制度で、スバルがグランプリを受賞するのは初めて、受賞は3年連続7度目とな...

自動車のカラーデザインコンテスト 「オートカラーアウォード2013」 各賞受賞車について【日本流行色協会】

2012年12月14日 一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:小町谷 朝生)では、自動車の色彩が持つ情感の豊かさを積極的に訴えかけてゆく中で、さらに文化的な深みを持った、優れた製品が社会に普及することを目指し、優れた自動車のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォー...

SUBARU BRZのエンジンが米国ワーズ社の「10ベストエンジン」 賞を受賞【富士重工業】

2012年12月14日 このたび、SUBARU BRZに搭載されている「FA20」型2.0ℓ水平対向4気筒エンジンが、米国の自動車専門メディアであるワーズ社のWard’s Auto World誌において2013ワーズ「10ベストエンジン」賞(Ward’s 10 Best Engines)に選出されました。スバルとしては、2003年、2009年に「EJ25」型2.5ℓターボエンジンが...

日本燃焼学会「技術賞」を受賞【マツダ】

2012年12月7日 -新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」で- マツダ㈱(以下、マツダ)は、このたび、日本の燃焼研究で最も権威のある日本燃焼学会より、マツダ独自の新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)」の低圧縮比ディーゼルエンジン燃焼技術の開発において、平成2...