検索結果

「#AI」の検索結果

空港における自動運転の事業化を目的とした 合弁会社の設立について【ZMP】

2018年12月7日 丸紅株式会社(以下、「丸紅」)と株式会社ZMP(以下、「ZMP」)は、空港制限区域内での自動走行車両を用いた自動運転サービスの事業化を目指し、AIRO株式会社(以下、「AIRO」)を共同で設立しました。 世界の航空旅客需要は堅調に推移しており、国内においても訪日外国人旅客数(以下、「インバウ...

アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」予約開始【舶来ガジェット】

2018年12月3日 舶来ガジェットは3日、日本未発売のアマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」の取り扱いを開始すると発表した。12月3日から予約を開始し、出荷開始は2019年3月からの予定。 アマゾン社は、ラスベガスで開催されたre:Invent 2018で、世界初となるAIミニカー「DeepRacer」を発表。この1/18スケールのレ...

自動運転カップ2018:優勝を目指して8チームが対戦【アウディ ジャパン】

2017年9月11日 ・自動運転の新たな難題に挑戦・ 高度なコネクティビティと人工知能が優勝のカギを握る・ 15の国際的な大学のチームが予選に参加 2018年11月6日、インゴルシュタット:アウディ自動運転カップ2018(AADC: Audi Autonomous Driving Cup 2018)が、11月12日~14日に開催されます。今年は、8つの大学の...

トヨタ自動車・TRI-AD・東京海上日動の高度な自動運転の実現に向けた業務提携におけるビッグデータ分析及びAIアルゴリズム開発を技術支援【ALBERT】

2018年10月31日  株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長 松本 壮志、以下ALBERT)は、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)、Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.(以下TRI-AD)、東京海上日動火災保険株式会社(以下 東京海上日動)の3社間での高度な自動運転の実現...

過去最大級のAIツールセットを9種の業界および業種に合わせてリリース【IBM】

2018年9月13日 過去最大級のAIツールセットを9種の業界および業種に合わせてリリース業界向けに事前学習済みの新しいWatsonソリューションが世界中の農業、工業、オフィスワークを支援 [米国ニューヨーク州アーモンク - 2018年9月24日(現地時間)発] – IBM(NYSE:IBM)は本日、農業、カスタマーサービス、人事、サプ...

無人農業用車両やラストマイルビークル等の知能化による自動化を推進 AIコンピューティング企業 NVIDIAとの協業について【ヤマハ発動機】

2018年9月13日 無人農業用車両やラストマイルビークル等の知能化による自動化を推進 AIコンピューティング企業 NVIDIAとの協業について ヤマハ発動機株式会社はこのたび、研究開発中の製品群のインテリジェント化を目的として、AIコンピューティングを牽引する企業NVIDIA(エヌビディア、本社:米国カリフォルニア州...

ニュアンスとAffectiva、感情を認識する AI オートモーティブ・アシスタントを共同開発【ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン】

2018年9月12日 ニュアンスとAffectiva、感情を認識する AI オートモーティブ・アシスタントを共同開発 ~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、 業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~ 会話型 AI イノベーションのパイオニアでリーディングカンパニーであるニュアンス・コミュニ...

人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します【日本無線】

2018年9月6日 人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します-国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構と研究開発についての業務委託契約を締結- 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(所...

みんなのタクシー株式会社が事業会社へ移行【ソニー】

2018年9月3日 みんなのタクシー株式会社が事業会社へ移行~AI技術を活用した新たなタクシー関連サービスの創造に向けて~  現在、タクシー会社5社は都内最大規模の1万台を超えるタクシー車両を所有しており、都内を中心に移動サービスを提供しています。タクシー会社5社は、会社の枠を越えて配車サービスなどを活用...

【脳波を使った生体認証】 金沢工業大学の研究グループが画像刺激を用いた個人認証で98%の認証精度を実現。指紋認証や虹彩認証に替わるセキュリティーの高い次世代個人認証方式として期待【金沢工業大学】

2018年7月18日 ロボット制御や生体認証に脳波を活用 金沢工業大学の山下正人さん(大学院情報工学専攻博士前期課程1年)と中沢実教授(情報工学科) 、西川幸延教授(基礎実技教育課程)の研究グループは、画像刺激を用いた脳波解析による生体認証方式で98%の個人認証精度を実現しました。当研究成果は10月5日か...