検索結果

「#AI」の検索結果

新材料の研究開発に有用な量子ビーム実験の計測効率を向上する手法を開発【日立製作所】

2019年2月7日 このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 新材料の研...

日本気象協会とスペクティ、映像の「AI解析」による道路管理支援技術を共同開発【Spectee】

2019年2月5日 日本気象協会とスペクティ、映像の「AI解析」による道路管理支援技術を共同開発 SNSや天気カメラ映像のAI解析を通じ、防災情報のリアルタイム提供を目指す。 一般財団法人 日本気象協会(東京都豊島区、会長:石川裕己、以下「日本気象協会」)と株式会社Spectee(東京都新宿区、代表取締役社長:村上建...

【損保ジャパン日本興亜×ジェネクスト】AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発【ジェネクスト】

2019年2月8日 【損保ジャパン日本興亜×ジェネクスト】AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発ドライブレコーダー映像を活用し、迅速な事故解決を可能に。 ドライブレコーダーの映像、GPS位置情報、AIの活用により、事故原因の究明と事故の責任割合の判断につながる情報...

初心者向けAI学習用PC「Deep Eye(ディープ アイ)」を発売【加賀電子】

2019年2月4日 初心者向けAI学習用PC「Deep Eye(ディープ アイ)」を発売「学習用データ作成」「学習モデル作成」「推論実行」の1台3役、 届いたその日から開発着手が可能に 加賀電子、初心者向けAI学習用PC「Deep Eye(ディープ アイ)」を発売 「学習用データ作成」「学習モデル作成」「推論実行」の1台3役、...

AI・画像認識サービス「タクミノメ」シリーズとして「タクミノメ 異常検知」・「タクミノメ アノテーション」を正式提供【ALBERT】

2019年2月4日  株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下ALBERT)は、AI・画像認識サービス「タクミノメ」シリーズとして、画像認識による異常検知を支援する「タクミノメ 異常検知」と高品質なアノテーションを支援する「タクミノメ アノテーション」を正式に提供開始...

アライアンス・ベンチャーズ、自動車小売り向け次世代クラウドプラットフォームを開発する テキオン(TEKION)社に投資【日産自動車】

2019年1月16日 アライアンス・ベンチャーズ、自動車小売り向け次世代クラウドプラットフォームを開発する テキオン(TEKION)社に投資ディーラー向けソフトウェアシステムを手がける米テキオン(Tekion)社へ投資。コーポレートベンチャーキャピタルファンド設立1年目にデジタル上の顧客体験に対する新たな取り組みを示...

ザイリンクスと ZF 社、AI イノベーションおよび自動運転開発を共同で実現【ザイリンクス】

2019年1月11日 ザイリンクスと ZF 社、AI イノベーションおよび自動運転開発を共同で実現 自動運転向け ZF ProAI にザイリンクス テクノロジが採用される アダプティブ / インテリジェント コンピューティングのリーダーであるザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) と、自動車関連部...

茨城県常総市に自社専用テストコース「AI・自動運転パーク」を開設【センスタイムジャパン】

2019年1月10日 センスタイムジャパン、茨城県常総市に自社専用テストコース「AI・自動運転パーク」を開設 常総市との連携を目指す 株式会社センスタイムジャパン(本社:京都府京都市中京区、代表取締役社長:勞 世竑、以下センスタイム)はこのたび、自社技術の車載分野の開発強化のため、茨城県常総市に自社専用のテ...

世界初の商用利用可能なレベル 2+ 自動運転システム、DRIVE AutoPilot を投入【NVIDIA】

2018年1月8日 Continentalと ZF が、2020 年の生産を予定する、NVIDIA DRIVE をベースとした L2+ の ソリューションを発表 2019 年 1 月 7 日、ラスベガス — CES— NVIDIA は本日、世界で初めて商用利用可能な、レベル 2+ 自動運転システムである NVIDIA DRIVE™ AutoPilot を発表しました。DRIVE AutoPilot には、複...

点字ブロックでAIが音声案内。 プロトタイプの検証実験を金沢市と連携して実施。【金沢工業大学】

2019年1月7日 点字ブロックでAIが音声案内。 プロトタイプの検証実験を金沢市と連携して実施。 障がい者や外国人、観光客に対して案内情報の提供が可能なシステムの研究開発を目指す 2019年1月12日(土)13時から16時まで 金沢駅東口地下広場で