ニュース

船外機用操船制御システム「ヘルム・マスター」新開発【ヤマハ発動機】

2012年10月19日

ヤマハ発動機㈱では、スウェーデンの船舶用エンジンメーカーAB Volvo Penta(ボルボ・ペンタ)社(代表者 ビヨン・インジェマンソン/Bjorn Ingemanson)と共同開発を進めていた船外機用操船制御システムを製品化し、「ヘルム・マスター(Helm Master)」の名称で、2013年第1四半期より米国および欧州の提携ボートビルダー向けに販売を開始します。
「ヘルム・マスター」は当社製大型4ストローク船外機(225~350馬力)を2基、あるいは3基搭載する中・大型ボートを対象とした操船制御システムで、ステアリングやシフト操作、スロットル開度など船外機のコントロールをすべて電子的に制御。通常のステアリングとリモコンボックスでの操船に加え、低速時にはジョイスティック1本で360°の移動・回転が可能となり、離岸・着岸時や狭水路、マリーナ内など特に狭いスペースでの操船を飛躍的に容易にしました。
「ヘルム・マスター」は、優れた経済性や環境性能、メンテンナンスの容易さ、高いスペース効率など船外機本来の優位性に、初心者でも気軽に大型ボートの操船を楽しむことができる機能を加えることで、中・大型ボート市場における当社製船外機の搭載比率向上が期待される製品です。

ヘルム・マスターの主要構成部品

ジョイスティックによる操船イメージ

ジョイスティックによる直感的な操作で、前後・左右・斜め方向、その場回頭など、360°のボートの操船が可能になります



ヤマハ発動機株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ヤマハ発動機
#船舶