ニュース

新型アテンザに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を搭載【マツダ】

2012年9月21日

マツダ㈱(以下、マツダ)は、ドライバーの認知支援および衝突回避や被害軽減を図るマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を、年内に発売する新型「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」に搭載します。

マツダは、ドライバーが安全に運転できる状態を最大限に確保し、事故のリスクを最小限に抑制することを目指す「Mazda Proactive Safety(マツダ プロアクティブ セーフティ)」という安全思想に基づき、さまざまな安全技術の研究・開発を行っています。

「i-ACTIVSENSE」は、この安全思想に基づき開発したミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術に加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されています。新型「アテンザ」は、「i-ACTIVSENSE」のすべての技術*を採用することで、さまざまな走行シーンにおいてドライバーに優れた安全性能を提供します。

* 日本市場向け。先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の新型アテンザへの採用状況は、国や地域によって異なります。

「i-ACTIVSENSE」技術一覧

運転支援技術
マツダ レーダー
クルーズコントロール(MRCC)
先行車との速度差や車間距離を認識し、設定した車速内で車間距離を自動で調整・維持することで、高速道路などでドライバーの負担を軽減します。
「MRCC」作動イメージの動画(WMV版) 00:27 [5.1MB]
認知支援技術 前方衝突警報システム(FOW) 先行車を検知し、ドライバーに衝突の危険性を知らせ、衝突回避をサポートします。
車線逸脱警報システム(LDWS) 道路上の白線を検知し、車両が意図せず車線を逸脱することを予測してドライバーに警告します。
「LDWS」作動イメージの動画(WMV版) 00:36 [6.0MB]
リアビークルモニタリングシステム(RVM) 隣(左右)のレーンや後方からの接近車両を検知し、ドライバーに車線変更時の危険を知らせます。
「RVM」作動イメージの動画(WMV版) 00:26 [7.1MB]
ハイビームコントロールシステム(HBC) 先行車や対向車を検知し、ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替え、夜間の視認性を確保し危険回避をサポートします。
「HBC」作動イメージの動画(WMV版) 00:30 [3.7MB]
アダプティブフロントライティングシステム(AFS) ステアリングの角度と車速に応じて、ヘッドランプの向きを自動的にコントロールし、カーブや交差点などで進行方向を早めに照射して夜間時の安全運転をサポートします。
「AFS」作動イメージの動画(WMV版) 00:30 [7.5MB]
衝突回避支援・
被害軽減技術
スマートブレーキ
サポート(SBS)
15km/h以上の速度域での走行中に、先行車と衝突の危険性がある場合、自動ブレーキにより減速を行い、衝突回避または被害軽減を図ります。
「SBS」作動イメージの動画(WMV版) 00:26 [6.6MB]
スマートシティ
ブレーキサポート
(SCBS)
4~30km/hの速度域での走行中に、先行車と衝突の危険性がある場合、自動ブレーキにより減速・停止し、衝突回避または被害軽減を図ります。
「SCBS」作動イメージの動画(WMV版) 00:24 [7.8MB]
AT誤発進抑制制御 前方に障害物が検知された状態で、必要以上にアクセルを踏み込んだ場合、警告音とメーター表示でドライバーに注意を促すとともに、エンジン出力を抑え急発進を抑制します。



マツダは、安全思想「Mazda Proactive Safety(マツダ プロアクティブ セーフティ)」に基づき、「事故のない安全なクルマ社会」の実現を究極の目標として、今後も安全技術の研究・開発を進め、積極的に展開していくことにより、すべてのお客様に「走る歓び」と「優れた環境安全性能」を提供していきます。

参考資料

マツダが目指す安全性能の考え方
マツダは、ドライバー・人間を理解・信頼・尊重することを重視し、以下の考えで安全技術の研究・開発を行っています。

安全に運転するためには、認知・判断・操作の各ステップで適切に行動することが重要です。運転する環境が変化しても、正しく認知・判断することをサポートし、安全に安心して運転していただきたいと考えています。
しかし、人間は時として避けられないミスを起こします。万が一のドライバーのミスにも対応できるように、事故被害を防止・軽減することをサポートする技術を開発・提供していきます。




マツダ株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#マツダ
#自動車メーカ