ニュース

自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCarⓇ1/10X アカデミック価格提供開始【ZMP】

2020年9月23日

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、自動運転/AI技術開発用ロボットカーRoboCar 1/10Xについて、教育機関向けにアカデミック価格を設定し、提供を開始します。

自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar 1/10X

自動運転においては、認知・判断・操作といったすべての運転操作をシステムが行います。LiDARやカメラによる周囲環境認識や他の交通・障害物の把握、得られた情報による行動予測や判断において、機械学習、ディープラーニングなどのAI技術の研究開発が盛んに進められています。これに伴い、日本のみならず世界中で自動運転やAI技術を活用できる人材の育成が大きな課題となっています。

ZMPはアカデミック価格を設けることで、教育機関での自動運転/AI技術開発用ロボットカーRoboCar1/10Xをより導入しやすくし、自動運転/AIを活用できる人材の育成や自動運転開発の加速化へ寄与致します。

なお、アカデミック価格の対象は公立、私立問わず大学・高等学校を始めとした教育機関全般で、職業訓練校なども適用が可能です。

価格は通常価格180万円(税抜)に対して、アカデミック価格144万円(税抜)にて提供します。本製品は2020年12月からの出荷を予定しており、現在先行受注を開始しています。

【自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar1/10X】
RoboCar 1/10シリーズは自動車の1/10スケールの車両に、外界センサとして単眼カメラ、前後レーザレンジセンサを搭載し、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離の把握が可能です。また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらを用いて自由にアプリケーションを開発することが可能です。

今回最新機種となるRoboCar 1/10Xは、GPU搭載のNVIDIA製Jetson AGX Xavierを採用、高度なAIアルゴリズムの実装が可能となりました。また、ZMPの自動運転プラットフォームIZACを組込みIZACとして実装。ROS(Robot Operating System)をはじめ自動運転、AIアプリケーションのための各種OS、ライブラリがインストール済みで、開梱したその日から開発を始めることができます。
HP:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-110x

NVIDIA製 Jetson AGX Xavier モジュール

NVIDIA製 Jetson AGX Xavier 開発者キット

【製品仕様】
本体

本体側ソフトウェア

付属品
ジョイスティックコントローラ、制御用/駆動用バッテリー充電器

※本製品仕様は予告なく変更の可能性があります。

【製品価格】
RoboCar 1/10X:通常価格 180万円(税抜)/アカデミック価格 144万円(税抜)

【本件に関するお問合せ】
株式会社 ZMP ロボリューション事業部
TEL: 03-5844-6210 / FAX: 03-5802-6908
E-Mail:info@zmp.co.jp

【株式会社ZMP】
http://www.zmp.co.jp/
本社:東京都文京区
代表取締役社長:谷口 恒
「Robot of Everything人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、①ADAS(先進運転支援)、自動運転開発用プラットフォームRoboCar®シリーズ及びセンサ・システム、②移動体メーカ(自動車、商用車、建設機械、農業機械、物流搬送機器、屋外作業機械等)向け自動運転等の開発支援、実験代行RoboTest®、③物流支援ロボットCarriRo®の開発・販売を行っています。また、2020年の無人タクシー実現に向け、公道での技術及びサービスの実証実験を重ねています。2017年からは日本初の歩道走行を目指す宅配ロボットCarriRo® Deliveryの実証実験を開始いたしました。ZMPはこれからも世の中に感動を与える製品やサービスを提供してまいります。








株式会社ZMPホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ZMP
#ロボット
#AI
#2020年9月23日