検索結果

「#自動車メーカ」の検索結果

「アトラスF24」2.0トン系ディーゼル車 ポスト新長期排出ガス規制(平成22年排出ガス規制)に適合【日産自動車】

2012年3月2日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、「ポスト新長期排出ガス規制(平成22年排出ガス規制)」に適合し、あわせて「平成27年度重量車燃費基準」も達成した「アトラスF24」2.0トン系ディーゼル車を3月2日より全国一斉に発売いたします。 今回の一部改良では、ディーゼ...

トヨタ博物館 スプリングイベント「ソープボックスダービー®」及びトヨタ2000GT等の走行披露を開催【トヨタ自動車】

2012年3月2日 トヨタ自動車㈱の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、3月17日(土)から4月1日(日)の各土・日・祝日に「スプリングイベント2012」を開催する。 今回のイベントでは、エンジンのない車両で重力を利用し坂道を下る早さを競う「ソープボックスカー」の運転体験や、ソープボックスモックカ...

米ウエストバージニア工場でオートマチックトランスミッションの生産能力を増強【トヨタ自動車】

2012年3月2日 米ウエストバージニア工場でオートマチックトランスミッションの生産能力を増強―部品製造会社「ボディーン社」でも生産能力を増強― トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)の米国におけるユニット生産拠点であるToyota Motor Manufacturing, West Virginia, Inc.(以下、TMMWV)は、6速オートマチックトランスミ...

こどもの城で「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」を開催【日産自動車】

2012年3月2日 「第28回ニッサン童話と絵本のグランプリ」入賞作品決定第27回大賞作品をモチーフに、こどもの城で「第20回ニッサンゆかいな絵本と童話展」を開催 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は5日、財団法人 大阪国際児童文学館が主催し、同社が社会貢献活動の一つとして協賛して...

スバル XVが欧州の安全性能総合評価で2011年に引き続き最高評価の5つ星を獲得【富士重工業】

2012年2月29日 スバル XVの欧州仕様車(XV 2.0i左ハンドルモデル)は、欧州の新車評価基準である「ユーロNCAP*」における、2012年安全性能総合評価で2011年に引き続き最高評価の5つ星を獲得しました。2009年より新評価システムが採用されたユーロNCAPでは、「乗員(大人)保護性能」、「乗員(子供)保護性能」、「歩行...

タイのSTMでエンジン生産能力を増強【トヨタ自動車】

2012年2月29日 トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)のタイにおけるエンジン生産会社であるサイアム・トヨタ・マニュファクチャリング(Siam Toyota Manufacturing Co., Ltd.、以下、STM)は、アジアにおける需要の高まりに対応する為、2014年初より、カローラ系車両搭載用のZRエンジンの生産能力を、年間約10万基増強する...

「2012熱気球ホンダグランプリ」をHondaが特別協賛【本田技研工業】

2012年2月28日 お知らせ Hondaは、熱気球競技シリーズ「2012熱気球ホンダグランプリ」(全5戦)を本年も特別協賛します。主催は「熱気球グランプリ運営機構(AirB)」。 精緻なメカニズムで一秒を争うモータースポーツとは対極にある熱気球競技は、空気を熱することだけで浮上し、方向の違う風に乗って移動するという...

軽自動車の生産を終了 ~ 軽自動車生産工場は登録車生産工場へ転換 ~【富士重工業】

2012年2月29日 富士重工業は、本日、軽商用車サンバーの生産を終え、全ての軽自動車の生産を終了します。軽自動車を生産してきた群馬製作所本工場(群馬県太田市)は3月以降、登録車生産工場へとリニューアルし、トヨタ自動車との共同開発車であるSUBARU BRZ/TOYOTA 86の生産を開始し、さらに2012年度中にインプレッサ...

「住友不動産新宿グランドタワー」 電気自動車「日産リーフ」の電力供給システムを導入【住友不動産/日産自動車】

2012年2月28日 「住友不動産新宿グランドタワー」電気自動車「日産リーフ」の電力供給システムを導入防災拠点としての機能を拡充 住友不動産㈱(本社:東京都新宿区、取締役社長:小野寺 研一)と日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、取締役社長:カルロスゴーン)は、電気自動車「日産リーフ」の駆動用バッテリ...

新世代車両設計技術である「日産CMF」(4+1 Big module concept)を導入【日産自動車】

2012年2月27日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、新世代車両設計技術である「日産CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」を、2013年以降発売する新型車の車両開発に導入します。車両開発においては、昨今、環境技術や安全対応などコストアップ要因が拡大する中で、商品競争力を保...