検索結果

「#マツダ」の検索結果

「マツダ CX-5」がユーロNCAPの安全性能総合評価で最高評価の5つ星を獲得【マツダ】

2012年5月23日 -欧州でも、軽量・高剛性「SKYACTIV ボディ」が世界トップレベルの安全性能を証明- マツダ㈱(以下、マツダ)は、2012年2月より欧州各国で順次販売を開始した新型「マツダ CX-5」が、欧州の安全性能評価基準である「ユーロNCAP(European New Car Assessment Programme)」*1において、最高ランクの5...

第62回 自動車技術会賞の受賞について【マツダ】

2012年5月18日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、マツダの研究者10名が、第62回自動車技術会賞において、社団法人自動車技術会より「技術開発賞」を2件受賞したと発表しました。「技術開発賞」は自動車技術の発展に役立つ新製品や新技術を開発した個人とその共同開発者に贈られる権威ある賞です。授賞式は5月24日(木)にパ...

「マツダ RX-8」の最後の特別仕様車「SPIRIT R」を追加生産【マツダ】

2012年4月26日 -好評につき1,000台を増産- マツダ㈱(以下、マツダ)は、2011年11月に発売した、ロータリーエンジンを搭載する4ドアスポーツカー「マツダ RX-8」の最後の特別仕様車『SPIRIT R』について、販売計画台数1,000台を超える受注を得たため、さらに販売計画を上回る1,000台の追加生産を決めました。 この...

2011年度「日本機械学会賞(技術)」を受賞【マツダ】

2012年4月19日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、マツダの研究者5名が社団法人日本機械学会より2011年度「日本機械学会賞(技術)」を受賞すると発表しました。受賞式は4月20日(金)、明治記念館(東京都港区)にて行われる予定です。 受賞対象 超高圧縮比ガソリンエンジン(1.3L)の開発-10・15モード燃費30km/L*1の実...

新型「マツダ CX-5」が米国IIHSの「トップセーフティピック2012」を獲得【マツダ】

2012年3月21日 -軽量・高剛性「SKYACTIVボディ」の世界トップレベルの衝突安全性能を証明- マツダ㈱(以下、マツダ)は、米国向けの新型「マツダ CX-5」が、米国保険業界の非営利団体である米国IIHS*(道路安全保険協会)による衝突安全試験で最高等級の「トップセーフティピック2012」を獲得したと発表しました。 ...

高圧縮比高効率ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」が第9回新機械振興賞「経済産業大臣賞」を受賞【マツダ】

2012年2月22日 マツダ㈱(以下、マツダ)はこのたび、一般財団法人機械振興協会より、高圧縮比高効率ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の開発において、第9回新機械振興賞「経済産業大臣賞」を受賞しました。新機械振興賞は、機械工業にかかわる研究開発およびその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著し...

新型クロスオーバーSUV「マツダCX-5」を発売【マツダ】

2012年2月16日 -「SKYACTIV技術」を全面採用、クリーンディーゼル車はすべてのSUVの中でトップの燃費性能- マツダ㈱(以下、マツダ)は、新型クロスオーバーSUV『マツダCX-5』を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。メーカー希望小売価格は消費税込みで2,050,000...

先進安全技術「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」に搭載【マツダ】

2012年02月13日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、市街地や渋滞走行時における低速での前方衝突回避をサポートする先進安全技術『スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)』*を開発し、今春より発売を予定している新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」に搭載します。 『SCBS』は、レーザーセンサーによって、先行車...

「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2012」をマツダR&Dセンター横浜にて開催【マツダ】

2012年02月10日 -200名を対象に「SKYACTIV技術」の紹介と「CX-5」の試乗会を実施- マツダ㈱(以下、マツダ)は、2012年3月3日(土)と4日(日)にマツダR&Dセンター横浜(神奈川県横浜市)で「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2012~マツダの環境・安全技術~」*1を開催します。このフォーラムは、「SKYACTI...

車両の軽量化を実現する自動車部品用樹脂材料を開発【マツダ】

2012年2月9日 -クラス最軽量のバンパーとして、新型SUV「マツダ CX-5」に採用- マツダ㈱(以下、マツダ)は、日本ポリプロ㈱*1と共同で、従来と同等の剛性を保ちながら、車両の軽量化を実現する自動車部品用の樹脂材料を開発しました。部品をより薄肉で製造できるため、材料使用量の大幅な削減が可能となり、フロン...