検索結果

「#マツダ」の検索結果

防府工場で「船積み見学会」を開催【マツダ】

2014年10月6日 −社会貢献活動の一環として、日本の自動車産業に関する学習支援を積極的に展開− マツダ㈱(以下、マツダ)は、社会貢献活動の一環として、日本の自動車産業に関する学習支援を目的に、11月3日(月)に防府工場において、小学生・中学生を対象とした「船積み見学会」を開催します。 今回の「船積み見学...

「CEATEC JAPAN 2014」に新世代ヘッドランプ「アダプティブ・LED・ヘッドライト」などを出展【マツダ】

2014年10月6日 −LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを日本の自動車メーカーとして初公開− マツダ㈱(以下、マツダ)は、10月7日(火)から11日(土)に幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2014」※1に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」のさらなる進化として、特...

南アフリカにおいて新販売統括会社の営業を開始【マツダ】

2014年10月1日 −新型「Mazda3」と新型「Mazda6」を南アフリカ市場に導入、CX-5の機種を拡充− マツダ㈱(以下、マツダ)は、南アフリカにおける新販売統括会社「Mazda Southern Africa (Pty) Ltd.」(以下、MSA)が、本日、営業を開始したと発表しました。 MSAは、従来の販売統括会社である「Ford Motor Company of ...

2014年8月の生産・販売状況について(速報)【マツダ】

2014年9月29日 マツダ㈱の2014年8月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。 I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。 1. 国内生産乗用車が増となり、前年同月実績を上回りました(+1.9%)。 【主要車種実績】「CX-5」 : 21,091台(前年同月...

「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」に福祉車両を出品【マツダ】

2014年09月19日 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2014年10月1日(水)から10月3日(金)に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される、「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、福祉車両を出品します。     「国際福祉機器展」は、ハンド...

タイで新型「Mazda2」の生産を開始【マツダ】

2014年9月17日 −オーストラリア向けモデルから順次生産− マツダ㈱(以下、マツダ)は、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」(以下、AAT)において、新型「Mazda2」(日本名:マツダ デミオ)の生産を本日開始したことを発表しました。このたびAATで生産を開始した新型「Mazda2」はオース...

新型「マツダ デミオ」の予約販売を開始【マツダ】

2014年9月11日 −マツダのDNAを凝縮した“クラス概念を打ち破る新世代コンパクト”− マツダ㈱(以下、マツダ)は、新型『マツダ デミオ』の予約受注を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて、本日より開始すると発表しました。メーカー希望小売価格は消費税込みで1,350,000円~2,192,400...

「SKYACTIV-D」搭載車、国内販売累計10万台達成【マツダ】

2014年9月9日 −「走る歓び」と優れた環境性能の両立で、急拡大する国内ディーゼル乗用車市場をけん引− マツダ㈱(以下、マツダ)は、本日、「SKYACTIV技術」*1のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売台数が、2012年2月の「マツダ CX-5」導入以降2年7か月で、累計100,325台*2となり、10万台を達成したこと...

新型「マツダ ロードスター」を世界初公開【マツダ】

2014年9月4日 マツダ㈱(以下、マツダ)は本日、4代目となる新型「マツダ ロードスター」を日本、米国、スペインで行われたファン参加型イベントで世界初公開しました。新型「ロードスター」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用し、2015年よりグローバルに導入する予定です...

「マツダサステナビリティレポート2014」および「アニュアルレポート2014」を発行【マツダ】

2014年8月29日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、本日、CSR(企業の社会的責任)の取り組み*1をまとめた「マツダサステナビリティレポート2014」と、経営・財務情報をまとめた「アニュアルレポート2014」を、マツダの公式ウェブサイトで公表しました。 「マツダサステナビリティレポート2014」の主な特長・ トップ...