検索結果

「#マツダ」の検索結果

2014年12月および1〜12月の生産・販売状況について(速報)【マツダ】

2015年1月28日 マツダ㈱の2014年12月および1~12月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。 I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。 1. 国内生産(1)2014年12月乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(−8.5%)。 【主...

タイの新トランスミッション工場で量産開始【マツダ】

2015年1月13日 −「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立した「SKYACTIV-DRIVE」を生産− マツダ㈱(以下、マツダ)は、タイ王国チョンブリ県に建設した新工場「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(以下、MPMT)で、トランスミッションの量産を本日開始したと発表しました。 今回、MPMT...

メキシコ新工場の累計生産台数10万台を達成【マツダ】

2014年12月25日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、メキシコ合衆国の新工場「Mazda de Mexico Vehicle Operation」(以下、MMVO)での累計生産台数が操業開始以来11カ月で10万台を達成したと発表しました。記念すべき10万台目の車両は、欧州向け「Mazda2(日本名:「マツダ デミオ」)」です。 MMVOで開催された記念式典...

ゲームタイトル専用バーチャルスポーツカー「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」を公開【マツダ】

2014年12月25日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、本日、ゲーム機「プレイステーション3」専用のドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ6」*向けのバーチャルスポーツカー「マツダ LM55(エルエム55) ビジョン グランツーリスモ」(以下、LM55)を公開しました。「LM55」は、「グランツーリスモ6」を開発し...

新型「マツダ キャロル」を発売【マツダ】

2014年12月25日 −デザインを一新、JC08モード燃費で37.0km/Lを実現*1− マツダ㈱は、『マツダ キャロル』を全面改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて2015年1月30日より発売します。 マツダ キャロル「GS」     低燃費とお求めやすさを特徴とする軽自動車「マ...

2014年11月の生産・販売状況について(速報)【マツダ】

2014年12月24日 マツダ㈱の2014年11月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。 I. 生産 1. 国内生産乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(−26.6%)。 【主要車種実績】「CX-5」 : 19,647台(前年同月比−24.2%)「アクセラ」 : 16,028台(同−39.0%)「デミオ」 : 8,02...

東京オートサロン2015に新型「マツダ CX-3」、新型「マツダ ロードスター」を参考出品【マツダ】

2014年12月18日 −ロードスター開発者によるトークショーも実施− マツダ㈱(以下、マツダ)は、2015年1月9日~11日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC*」に、新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-3」、新型「マツダ ロードスター」を参考出品します。また、大幅改良し...

「マツダ アテンザ」が世界累計生産300万台を達成【マツダ】

2014年12月19日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が2014年11月末までに300万台*1に達したことを発表しました。2002年2月に防府第2工場(山口県防府市)で初代モデルの生産を開始して以来、約12年9ヵ月での300万台達成は、「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」に...

九州大学で出張授業「Mazda Design〜クルマデザインの本音を語る〜」を実施【マツダ】

2014年12月17日 −「大学キャンパス 出張授業2014」の一環でマツダの前田育男執行役員デザイン本部長が講演− マツダ㈱(以下、マツダ)は、一般社団法人 日本自動車工業会が、若い世代の方々にクルマやものづくりの魅力を感じていただくため、各地の大学と連携して実施している「大学キャンパス出張授業2014」の一環と...

自動車外装部品にも使用できる無塗装で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックを開発【マツダ】

2014年12月10日 −環境負荷を低減する「マツダバイオテックマテリアル」試作部品を「エコプロダクツ2014」に出展− マツダ㈱(以下、マツダ)は、三菱化学㈱*1と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を開発しました。植物由来原料使用による石油資...