検索結果

「#自動運転」の検索結果

「人とくるまのテクノロジー展 2022」への出展のお知らせ【東京アールアンドデー】

2022年5月16日    「人とくるまのテクノロジー展 2022」への出展のお知らせ     株式会社東京アールアンドデー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村了太、www.tr-d.co.jp)は「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」に出展いたします。 本展示会は、技術者・...

自動運転EVを用いた搬送サービス「eve auto」試験導入の開始について【ヤマハ発動機】

2022年4月18日    自動運転EVを用いた搬送サービス「eve auto」試験導入の開始について ~プライムポリマー姉崎工場敷地内での自動搬送~     ヤマハ発動機株式会社は、このたび、グループ会社「株式会社eve autonomy(イヴオートノミー/以下、eve autonomy)」の自動搬送サービ...

車両自動運転装置 ドライブロボットTYPE-i RBT-2020が 2022年「レッドドット・デザイン賞」を受賞しました【明電舎】

2022年4月14日    車両自動運転装置 ドライブロボットTYPE-i RBT-2020が 2022年「レッドドット・デザイン賞」を受賞しました ~作業者の負荷を軽減できる車両自動運転装置~    株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健 / 東京都品川区、以下 明電舎)の車両自動運転装置 ドラ...

ストラドビジョン、ドイツの自動車部品製造大手のZFと資本提携

2022年3月30日    ストラドビジョン、ドイツの自動車部品製造大手のZFと資本提携 物体認識技術により、自動運転レベル3およびレベル4システムのためのZF社のグローバル・エコシステムを強化    先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet...

埼玉工業大学、世界初の水陸両用船の無人運転・運航技術の開発に成功

2022年3月22日    埼玉工業大学、世界初の水陸両用船の無人運転・運航技術の開発に成功 ~八ッ場あがつま湖の水陸両用バスに自動運転・運航システムを共同で構築~    埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山俊一、略称:埼工大、https://www.sit.ac.jp/ )は、  日...

自動運転レベル2+/レベル3を普及車へも搭載可能にする、車載用SoC「R-Car V4H」を発売【ルネサス エレクトロニクス】

2022年3月8日    自動運転レベル2+/レベル3を普及車へも搭載可能にする、車載用SoC「R-Car V4H」を発売 ~ソフトウェアディファインド車両の開発へ向けて開発環境も提供~    ADAS/AD向け車載用 SoC R-Car V4Hを発売  ルネサス エレクトロニクス株式会社(代...

脱炭素化を推進する自動運転小型EVバス RoboCarⓇ Mini EV Bus 無料試乗会開催【ZMP】

2022年3月8日    脱炭素化を推進する自動運転小型EVバス RoboCarⓇ Mini EV Bus 無料試乗会開催    株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、4月6日、7日の2日間、自動運転小型EVバス「RoboCar Mini EV Bus」の無料試乗会を開催致します。 RoboCar Min...

Microchip、自律運転エコシステム向けの車載対応Gen 4 PCIe(R)スイッチを発表

2022年2月22日    Microchip、自律運転エコシステム向けの車載対応Gen 4 PCIe(R)スイッチを発表    [NASDAQ: MCHP] – 分散型ヘテロジニアス コンピューティング システム向け高速低レイテンシ接続ソリューションは次世代自律運転アプリケーションの基本です。Microchip T...

群馬県前橋市でローカル5Gを活用した複数台遠隔監視による自動運転バスの公道実証を実施

2022年2月14日    群馬県前橋市でローカル5Gを活用した複数台遠隔監視による自動運転バスの公道実証を実施 ~総務省ローカル5G開発実証事業の一環として実施、2022年度の社会実装を目指す~    一般社団法人 ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構(注1、以下TOPIC)、国立大学...

大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティプロジェクト “歩行者・モビリティ・ロボットが共存するウォーカブルな空間” 実現に向けて歩車共存空間での自動運転バス走行実証を実施

2022年2月7日    大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティプロジェクト “歩行者・モビリティ・ロボットが共存するウォーカブルな空間” 実現に向けて 歩車共存空間での自動運転バス走行実証を実施 2020年度実証に比べて走行区間を延伸し、信号機付き交差点を含む往復約1,260mを走行 ...