検索結果

「#NVH」の検索結果

中央環境審議会大気・騒音振動部会自動車単体騒音専門委員会「今後の自動車単体騒音低減対策のあり方について(第三次報告)(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)【環境省】

2015年6月16日 中央環境審議会大気・騒音振動部会自動車単体騒音専門委員会は、四輪車の走行騒音低減対策、四輪車及び二輪車の近接排気騒音規制の見直し並びに四輪車のタイヤ騒音低減対策について、「今後の自動車単体騒音低減対策のあり方について(第三次報告)(案)」を取りまとめました。この度、本報告案について...

自動車走行時の音問題を設計・開発段階から検証【サイバネットシステム】

2015年5月13日 自動車走行時の音問題を設計・開発段階から検証エンジニアリングサービス開始のお知らせ   流体音・振動音をはじめとした、あらゆる騒音対策をCAEで技術支援 サイバネットシステム㈱(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、空気の流れが原因で発生する流体音の音源...

4chビームフォーミングソフトウェア BF-3100【小野測器】

2015年3月25日 電子計測器の製造および販売を展開する㈱小野測器(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:安井哲夫)は、4チャンネルのマイクロホンプローブで、独自のビームフォーミング演算法を用いた音源可視化システムを開発し、3月25日より受注を開始いたします。 【内容】小野測器は独自のビームフォーミング演...

検出・計測・判断 高機能型振動コンパレータ VC-3200【小野測器】

2014年月12月15日 電子計測器の製造および販売を展開する㈱小野測器(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:小野雅道)は、機械設備の異常動作監視や製品検査分野向けに開発した振動計VC-2200(2014年7月発売)の上位機種VC-3200(高機能型振動コンパレータ)を12月19日より発売しますので、下記の通りお知らせ致します...

材料&評価技術の融合イノベーションで車の未来に貢献 「Automotive Technical Center」をリニューアル【日東電工】

2014年7月30日 日東電工㈱(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)は、お客様に最適な自動車関連材料をご提案するため「Automotive Technical Center:以下ATC」を、日本・米国・欧州・中国の世界4か所に展開しています。ATCでは、お客様の次世代自動車開発に密着し、材料のご提案のみではなく、評価技術を通じて...

自動車用トランスミッションのギアノイズ解析ソフトウェア ノイズテスティング・ソフトウェアGN-1100【小野測器】

2014年6月16日 電子計測器の製造および販売を展開する㈱小野測器(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:小野雅道)は、7月1日よりノイズテスティング・ソフトウェアGN-1100の受注を開始しますので、下記の通りお知らせいたします。 1. 背景・主旨回転体から発生する音・振動の解析には、回転速度に同期して測る”回転...

検出・計測・判断 振動コンパレータ VC-2200【小野測器】

2014年5月19日 電子計測器の製造および販売を展開する㈱小野測器(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:小野雅道)は、機械設備の異常動作監視や製品検査分野向けに開発した振動計VC-2200(振動コンパレータ)を6月16日より受注を開始いたします。 【背景・主旨】 振動コンパレータ<振動みはり番>VC-2200は、稼...

2ch/4ch入力 100 kHz解析 電池駆動5時間 ポータブル2ch/4chFFTアナライザ CF-9200/9400【小野測器】

2014年5月19日 電子計測器の製造および販売を展開する㈱小野測器(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:小野雅道)は、100kHzのFFT解析を電池駆動で5時間可能なポータブル型FFTアナライザCF-9200/9400を開発し、5月30日より受注を開始いたします。 【内容】本機は解析用PCを必要としない一体型ポータブルFFTアナラ...

「ハンディ型軸受診断装置」を開発【NTN】

2014年2月18日 【業界初!携帯性に優れる軸受の振動測定・分析装置】 NTN㈱(以下、NTN)は、長年培ってきた軸受診断技術を応用し、携帯性に優れる「ハンディ型軸受診断装置」を開発しました。 従来の軸受診断装置は、測定した振動データを装置本体内で計算・分析して出力表示するため、小型・軽量化に限界があり、製...

シェフラーの音響技能センターに、新たな試験設備を導入【シェフラージャパン】

2013年12月2日 シェフラーの音響技能センターに、新たな試験設備を導入 ヘルツォーゲンアウラッハ発――シェフラーは、ヘルツォーゲンアウラッハの技術開発センター内に設置された音響技能センターに音響試験設備を追加導入し、同センターの拡張を行いました。床面積180平方メートルのスペースは、最先端の測定/計算処...