検索結果

「#EV」の検索結果

米国スマートグリット実証実験“Pecan Street Smart Grid Demonstration Project”に参加【ソニー】

2011年10月3日 ソニーは、米国テキサス州オースチンで行われるスマートグリッド実証実験“Pecan Street Smart Grid Demonstration Project” (ピーカン ストリート スマート グリッド 実証 プロジェクト)に、参加することが決まりました。実証実験参加企業として、ソニーは、ユーザーにとって実用的なだけでなく、楽...

CHAdeMO仕様EV急速充電器用コネクタ付きケーブルの実用性評価について【住友電気工業】

2011年9月29日 当社が開発・製品化を進めてきたCHAdeMO仕様EV急速充電器用コネクタ付きケーブルは、東京電力㈱事業所内のCHAdeMO仕様急速充電器に設置され、フィールドでの実用性評価が行われています。温暖化ガスを削減し、エネルギー供給の安定化にも寄与するとして電気自動車(EV)が注目される中、急速充電器の導入...

二人乗り超小型電動車両の国土交通大臣認定を取得、あわせて公道走行実証実験への参加を発表【日産自動車】

2011年9月29日 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は29日、持続可能なゼロ・エミッション社会における新しいモビリティを具現化するモデルとして、100%電動コンセプト車両「NISSAN New Mobility CONCEPT」の公道走行を可能とするための大臣認定を国土交通省から取得しました。 ...

世界初の電気自動車用の超急速充電器の商品化に成功【JFEエンジニアリング】

2011年9月28日 世界初の電気自動車用の超急速充電器の商品化に成功~数分で充電できる充電システムが電気自動車の未来を切り拓く~ JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:岸本純幸)は2010年6月、電気自動車(EV)に僅か8分で80%充電※1できる超急速充電器(Super RAPIDAS)の技術開発に世界で初...

タイ石油公社と電気自動車の実証試験に関する覚書を締結【三菱自動車工業】

2011年09月20日 三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、同社のタイにおける製造・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(社長: 村橋庸元、以下MMTh)が、タイのPTT Public Company Limited社(タイ石油公社、以下PTT社)と新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』の実証試験に関する覚書を締結...

車両情報を活用した次世代型サービスステーションの開発、実証を開始【JX日鉱日石エネルギー】

2011年9月20日 ~経済産業省「グリーン・ステーション普及実現化事業」「次世代エネルギー・社会システム実証事業」に採択~ 当社(社長 : 木村 康)は、社会の変化、自動車の進化に対応する、次世代型サービスステーション(以下 SS)の開発に向け、愛知県における「グリーン・ステーション普及実現化事業」、およ...

次世代タイプの環境配慮型立体駐車場「スマートリフトパーク」を開発【三菱重工業】

2011年9月20日 次世代タイプの環境配慮型立体駐車場「スマートリフトパーク」を開発待ち時間を最大30%短縮、使用電力を約30%削減、使いやすさを向上 三菱重工パーキング株式会社(社長:脇 憲市、本社 : 神奈川県横浜市、三菱重工業が100%出資)は、業界初の最適速度制御システムや独自の回生電力再利用システム...

電気自動車の使用実験を拡大 横浜とドイツで新車種試験を開始 【テュフ ラインランド ジャパン】

テュフ ラインランド グループは、電気自動車について試験・評価を幅広く行っています。衝突試験をはじめとする各種安全テストを行うとともに、路上での性能を評価する使用実験も行っています。このほど、電気自動車の実使用についてさらに幅広いデータ・情報を蓄積すべく、試験対象車種を拡大しました。横浜ではテュフ ...

電気自動車、電動工具およびUPS向けに業界最高の精度を提供する、Li-Ionバッテリー用モニタ製品を発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

バッテリーパックの寿命、供給エネルギーおよびシステムの安全性を拡張する知的機能を備えたバッテリー・マネージメントIC製品 日本テキサス・インスツルメンツは、ハイブリッド自動車および電気自動車、電動工具、無停電電源(UPS)などの各種アプリケーションにおいて、再充電可能なリチウム・イオン・バッテリーパッ...

VR型レゾルバ(JVRシリーズ)開発、量産開始【日本航空電子工業】

VR型レゾルバ(JVRシリーズ)開発、量産開始新たに自動車分野へセンサを供給 地球環境問題への対応が急務となる中、ハイブリッド自動車をはじめとする環境対応車の需要拡大が見込まれています。 ハイブリッド自動車は、エンジンとモーターの協調運転によってエネルギー効率向上を実現していますが、エネルギー効率を...