検索結果

「#AR」の検索結果

独自アーキテクチャ『aIPE』を搭載した初の自社チップ『AiOnIc®』のサンプルを開発 【ArchiTek】

2021年2月8日 独自アーキテクチャ『aIPE』を搭載した初の自社チップ『AiOnIc®』のサンプルを開発 12nmプロセスの採用で小型・低消費電力を実現しエッジAIプロセッサのデファクトを狙う 大阪の研究開発ベンチャーArchiTek株式会社(所在地:大阪市西区北堀江、代表取締役:高田周一)は、独自アーキテクチ...

カンデラ、LGエレクトロニクス社と自動車向けの革新的なARソリューションを発表【アートスパークホールディングス】

2020年11月10日 カンデラ、SYSGO社と「ハイパーバイザーベースの車載HMIソリューション」を発表安全・安心の自動車ネットワーク化の未来の姿 アートスパークグループのカンデラと、総合家電、情報通信メーカーであるLGエレクトロニクス株式会社(ソウル/韓国)は、車載用のヘッドアップディスプレイ(HUD)やセンター...

AR(Augmented Reality:拡張現実)活用による高精度位置測位技術提供サービスを開始【Wave Technology】

2020年10月21日 AR(Augmented Reality:拡張現実)活用による高精度位置測位技術提供サービスを開始屋内搬送車や特殊車両の自動走行に高精度位置測位技術で貢献 株式会社Wave Technology(所在地:兵庫県川西市、代表者:石川 高英)は、屋内搬送機や特殊車両などの高精度位置測位をAR技術活用によって可能にする「高精度...

米Arevo社が増加する顧客の需要に応えるため大規模な複合材MaaS施設の建設を発表【AREVO】

2020年6月9日 米Arevo社が増加する顧客の需要に応えるため大規模な複合材MaaS施設の建設を発表経営陣を刷新し事業拡大を加速 デジタル化とオートメーション化により複合材製造に革新的なソリューションを有するシリコンバレーのベンチャー企業、AREVO, Inc.(アレボ、以下Arevo)は本日、高速連続炭素繊維強化ポリマー...

実物と重ね合わせができる3Dマニュアルを簡単作成 AR技術 製造業でのメンテナンスや教育を刷新 ARマニュアル作成サービス 「REFLEKT ONE」を11月27日発売【スマートスケープ】

2019年11月27日 先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマート・スケープ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 隆)はドイツのRE’FLEKT GmbH(本社:ドイツミュンヘン、CEO & Founder:WOLFGANG STELZLE)の国内代理店として、ARマニュアル作成サービス「REFLEKT ONE(リフレク...

未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表 より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現【ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン】

2018年12月21日 ニュアンス、未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表 より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現~感情 AI、強化されたマルチモーダル、AR インタラクション、高度な会話能力などの新たなイノベーションをCES 2019で公開~ ニュアンス・コミュニケー ションズは、Dragon Drive プラ...

AR※技術を活用した車載用ヘッドアップディスプレイの開発・製造・販売を手掛ける WayRay社への出資に関するお知らせ【JVCケンウッド】

2018年9月19日 ※拡張現実、Augmented Realityの略  株式会社JVCケンウッドは、AR技術を活用した次世代の車載用ヘッドアップディスプレイ(以下、「AR-HUD」)の開発・製造・販売を手掛けるWayRay AG(以下、「WayRay社」)へ出資しましたので、お知らせいたします。 1.出資の背景および主旨  当社は、中長期経営...

新製品「Artec Ray」レーザースキャナを国内販売開始【Artec Europe】

2018年6月20日 新製品「Artec Ray」レーザースキャナを国内販売開始~設計・製造ソリューション展にて日本初展示、中長距離での精緻な 3D スキャンを可能に~ 企業・教育機関などを対象に3Dプリンターの販売・サポートを手がけている日本3Dプリンター株式会社は、低価格高精度の3Dスキャナ「EinScan」シリーズ4機種の販...

AR HUDの設計の課題:太陽光負荷の理解と管理【日本テキサス・インスツルメンツ】

2018年6月14日 拡張現実(AR)ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)は、自動車産業において、注目すべきトピックのひとつです。この技術は、自動車メーカーやティア1サプライヤが積極的にARフロントガラスHUDを開発するところまで進んでいます。 実用的なARディスプレイは、最低でも10度の広い視野(FOV)と7.5メートル...

AR HUDにおける彩度と色域の重要性:TI の DLP 車載用テクノロジ【日本テキサス・インスツルメンツ】

2018年6月1日 拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイ(HUD)などの車載アプリケーションでDLP®テクノロジの人気が高まっています。その大きな理由の1つが、明るく、鮮やかな色彩を提供できるという点にあります。AR HUD(図1参照)において色彩がどのような役割を果たしているかについての理解を深めるために、「彩度...