検索結果

「#船舶」の検索結果

次世代型環境対応LNG燃料自動車専用船“CENTURY HIGHWAY GREEN”が竣工 【川崎汽船】

2021年3月12日    次世代型環境対応LNG燃料自動車専用船“CENTURY HIGHWAY GREEN”が竣工    3月12日、今治造船グループの多度津造船株式会社で建造中であったLNG)を燃料とする自動車専用船“CENTURY HIGHWAY GREEN”が竣工し、当社に引き渡されました。 本船は従来の重...

スポーツボート2021年モデル を発売 ~ウェイクサーフィンに特化したスポーツボート「255XE」が新登場~【ヤマハ発動機】

2021年3月16日    スポーツボート2021年モデル を発売 ~ウェイクサーフィンに特化したスポーツボート「255XE」が新登場~     ヤマハ発動機株式会社は、ウェイクサーフィンに特化した新発売の「255XE」などのスポーツボート計3モデルの受注を2021年3月より開始します。...

大型サロンクルーザー「PRESTIGE460」 新発売 〜居住性豊かなフランス製の輸入モデルをラインアップに追加〜【ヤマハ発動機】

2021年3月16日    大型サロンクルーザー「PRESTIGE460」 新発売 〜居住性豊かなフランス製の輸入モデルをラインアップに追加〜     ヤマハ発動機株式会社は、フランスのJEANNEAU(ジャヌー)ブランドから系譜を受け継ぐPRESTIGE(プレステージ) モーターヨット「PRESTIG...

プレジャーボート 「AX220」 新発売 〜多彩なボーティング、マリンプレイに対応するマルチボート〜【ヤマハ発動機】

2021年3月16日 プレジャーボート 「AX220」 新発売〜多彩なボーティング、マリンプレイに対応するマルチボート〜    ヤマハ発動機株式会社は、クルージングやフィッシング、トーイングプレイなど、マルチに楽しめるプレジャーボートのニューモデル「AX220」の受注を2021年3月より開始します。  「AX220...

音響測定艦「あき」引き渡し【三井E&S造船】

2021年3月4日    音響測定艦「あき」引き渡し    三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎)は、玉野艦船工場にて建造中でありました音響測定艦「あき」(当社第2000番船)をこのほど完成し、本日、防衛省へ引き渡しました。 本艦は、「ひびき」型音響測定艦の3番艦と...

fragment designとコラボしたX47FRGMTモデルを限定販売【ヤンマーホールディングス】

2021年3月3日 fragment designとコラボしたX47FRGMTモデルを限定販売 ヤンマーとfragment designの協業によるX47FRGMT ヤンマーホールディングス株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、フラッグシップモデル「X47 EXPRESS CRUISER」をベースに、藤原ヒロシ氏率いる「フラグメント(fragment design)」がプロデ...

水産庁向け漁業取締船の命名・進水式を挙行【三井E&S造船】

2021年2月12日 水産庁向け漁業取締船の命名・進水式を挙行 三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎)は、水産庁(長官:山口 英彰氏)向け漁業取締船「白萩丸」(しらはぎまる)の命名・進水式を当社玉野艦船工場にて執り行いました。 「白萩丸」は平成6年(1994年)に建造された現・白萩丸の代替船として、...

84,000m³型LPG燃料LPG運搬船を受注【川崎重工業】

2021年2月8日 川崎重工は、日本郵船株式会社と84,000m3型LPG(液化石油ガス)燃料LPG運搬船2隻の造船契約を締結しました。 本船は、当社がこれまでに受注した68・69隻目のLPG運搬船にあたり、LPG燃料LPG運搬船としては5・6隻目の受注となります。今後、両船ともに坂出工場で建造し、2022年に竣工予定です。 ...

パナマックスバルカー「FLOURISH DIVA 善熙」竣工【サノヤス造船】

2021年2月5日 パナマックスバルカー「FLOURISH DIVA 善熙」竣工 当社で建造のパナマックス型撒積貨物船「FLOURISH DIVA 善熙」の命名・引渡式が2月5日(金)に当社水島製造所にて挙行されました。 本船は、“サノヤスパナマックス”の最新バージョン、82,000トン型の第3番船...

LPG運搬船「DURHAM」の引き渡し【川崎重工業】

2021年1月29日 LPG運搬船「DURHAM」 川崎重工は、本日、FAIR WIND NAVIGATION, S.A.(フェア ウィンド ナビゲーション エスエー)向けに84,000m3型LPG運搬船「DURHAM(ダラム)」(当社第1745番船)を引き渡しました。 本船は、従来の82,200m3型をベースに改正IGCコードを適用し、カーゴ容積を増大させた新開発...