ニュース

中国合弁事業 広汽三菱汽車が営業を開始【三菱自動車工業】

2012年10月12日

広州汽車、三菱自動車、三菱商事による中国合弁事業 広汽三菱汽車が営業を開始

広州汽車集団股份有限公司(所在地:広東省広州市、董事長:張房有  以下、広州汽車)、三菱自動車工業㈱(所在地:東京都港区、社長:益子修  以下、三菱自動車)、三菱商事㈱(所在地:東京都千代田区、社長:小林健  以下、三菱商事)は、中国 湖南省長沙市に新合弁会社 広汽三菱汽車有限公司(所在地:湖南省長沙市、董事長:張房有  以下、広汽三菱汽車)を設立し、このほど営業を開始しましたのでお知らせ致します。

広汽三菱汽車は、広州汽車 50%、三菱自動車 33%、三菱商事 17%の出資により、三菱自動車の中国に於ける生産・販売事業を展開していきます。

広汽三菱汽車は、2009年に湖南長豊汽車が広州汽車傘下の広汽長豊汽車股份有限公司(以下、広汽長豊汽車)となった後、本年、広州汽車による広汽長豊汽車の吸収合併を経て、今般、新たに広州汽車、三菱自動車、三菱商事による合弁事業として成立するに至ったものです。

広汽三菱汽車は、広汽長豊汽車の生産工場(星沙工場)、サプライチェーン、販売拠点、また生産・販売に関わるノウハウを継承して新たな事業をスタートさせました。

まずは10月下旬より新型車『ASX』の生産を開始します。更にその後、本格オフロードSUV『パジェロスポーツ』も投入する予定で、拡大を続ける中国自動車市場の中でも特に伸張著しいSUVを中心に、魅力あるモデルを順次展開していきます。

広汽三菱汽車は、世界の自動車市場を牽引する中国に於いて、魅力的な商品を生産・販売し、多様化する市場のニーズに対応していきます。

新合弁会社の概要

ご参考


三菱自動車工業株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#三菱自動車工業
#自動車メーカ
#中国