ニュース

スポーツスクーター「XMAX 300」を6年ぶりにモデルチェンジ【ヤマハ発動機】

2022年10月28日

  

スポーツスクーター「XMAX 300」を6年ぶりにモデルチェンジ
~スタイルを一新、ナビ情報を表示できる4.2インチTFTディスプレイ搭載~

  

 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・292cm3のBLUE CORE(ブルーコア)※1エンジンを搭載するスポーツスクーター「XMAX 300」の2023年モデルを11月8日からミラノで開催される「EICMA 2022(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。なお、日本では249cm3エンジン搭載モデルを2023年夏以降に発売の予定です。

 今回の2023年モデルは2017年の初代以来6年ぶりのモデルチェンジで、”Condensed 7days Mobility”をコンセプトに開発しました。新たな特徴は、1) MAXシリーズの象徴”Xモチーフ”を随所に織り込んだ新しいスタイリング、2) ライダーのスマートフォン情報やナビ情報※2を表示できる4.2インチカラーTFTディスプレイ、3) 灯火器のLED 化や足付き性とフィット感に配慮した新作シートなどです。

 「XMAX シリーズ」はグローバルモデルとしてデビュー以降、欧州では通勤用途をメインに250~300ccクラスの人気モデルとして、アセアン地域ではスクーターのトップエンドモデルとして、また、日本では幅広いお客さまから人気を博している製品です。

 当社は、2030年までに全ての製品をコネクトする「コネクテッドビジョン2030」を掲げています。コネクテッド機能を搭載した製品ラインアップの拡充、モバイルアプリ展開を加速するとともに、コネクテッドデータをお客さま体験サービスや製品開発、品質向上に活用していきます。なお、今回の「XMAX 300」もコネクテッド機能を充実させた最新モデルです。

※1 BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、”走りの楽しさ”と”燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より”BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「XMAX 300」のエンジンもこの”BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。
※2 ライダーのスマートフォン情報やナビ情報を表示するには専用アプリ2種のインストールが必要です。



「XMAX 300」

  

  

  

ヤマハ発動機株式会社 ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ヤマハ発動機
#実証実験
#2022年10月28日