ニュース

脱炭素社会に向けた物流分野におけるEV用バッテリーシェアリングについて

2021年10月29日

  

脱炭素社会に向けた物流分野におけるEV用バッテリーシェアリングについて

  

丸紅は、環境省の委託事業として、株式会社FOMM(以下、「FOMM」)と共にFOMMが開発するバッテリー交換式の電気自動車(以下、「EV」)を用いて、物流分野におけるバッテリーシェアリングに関する実証事業を行います。

この実証事業は、環境省の「バッテリー交換式EV開発および再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」に選ばれたもので、脱炭素社会構築に向けた運輸部門等の脱炭素化を目的としています。2050年カーボンニュートラルを達成するためには、CO₂排出量の約4割を占める運輸部門においても脱炭素化の実現が必要不可欠となっています。EVにおいては、航続距離や充電時間、充電インフラ、価格といった課題を抱えており、特に効率的な運用が求められる商用車では、バッテリー充電に時間がかかることがEV導入の課題の一つとなっています。

この実証事業では、国内EC(電子商取引)業者の物流網において、ラストワンマイルと呼ばれる「お客様へ商品を届ける物流の最後の区間」の配送車としてバッテリー交換式EVを導入し、配送中に所定の交換地点にてバッテリーを交換します。交換作業は短時間で完了するため、充電時間を待つことなく効率的に配送ができます。また、返却されたバッテリーは再生可能エネルギー電源で充電され、繰り返し使うことができます。

丸紅は、この実証事業を通じて、物流分野における脱炭素化に貢献していきます。

<環境省HP>
令和3年度「バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組合せによるセクターカップリング実証事業」の一次公募について

<実証事業概要>
期間   : 2022年度上旬~2023年度末(予定)
場所   : 関東エリア(予定)
内容   : 物流網におけるバッテリー交換式EVの導入

<各社役割>
FOMM  : バッテリー交換式EVおよびバッテリー交換インフラの開発
丸紅   : 実証実績管理および運用評価、事業化検討
国内EC業者: バッテリー交換式EVのテスト導入

<FOMM概要>
会社名  : 株式会社FOMM
所在地  : 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7
代表者  : 代表取締役社長 鶴巻 日出夫
設立   : 2013年2月
事業内容 : ①小型電気自動車(二輪車を含む)の企画、開発、製造および販売、ならびにこれらに関する
       技術コンサルタント業務
       ②MaaS事業
       ③上記①、②に附帯または関連する一切の業務
HP   : https://www.fomm.co.jp

  

  

  

丸紅株式会社 ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#丸紅_
#バッテリーシェアリング
#実証実験
#2021年10月29日