ニュース

超ハイソリッド粘着剤を開発【トーヨーケム】

2020年6月9日

超ハイソリッド粘着剤を開発>
~溶剤使用を極限まで減らし塗工乾燥時のCO2削減に貢献~

トーヨーケム株式会社(代表取締役社長 町田 敏則、東京都中央区)は、溶剤使用を極限まで減らしながらも従来製品同等の性能を実現した、環境に優しい超ハイソリッド粘着剤を開発いたしました。

2015年のSDGsの策定や2016年のパリ協定の締結により、環境問題に関する危機意識が世界的に高まっています。粘着剤には従来溶剤が使用されていますが、環境問題対策としての溶剤の削減・脱溶剤化は、日本国内のみならず世界でも強く求められています。
トーヨーケムは、これまでも不揮発分が高いハイソリッド(高固形分)粘着剤をラインナップしておりましたが、この度、特殊合成法により溶剤使用を極限まで減らしたサイアバイン®シリーズ(ウレタン樹脂ベース粘着剤)の超ハイソリッド粘着剤を開発いたしました。通常、固形分を増やすほど塗液が高粘度化し、塗工することができなくなりますが、トーヨーケム独自のポリマー・架橋設計技術により、従来品同等の塗液粘度、粘着性能を実現いたしました。溶剤を極限まで減らすことで塗工乾燥時のCO2削減や作業環境向上に貢献いたします。

トーヨーケムの粘着剤は、生分解、バイオマス、ハイソリッド、水性など様々なアプローチによる環境対応製品をラインナップしております。トーヨーケムはポリマー・テクノロジーから生まれた要素技術を、お客様のニーズとマッチングさせ、イノベーション製品を開発することで環境負荷を低減し、循環型社会の実現へ向けて貢献していきます。

※TOYOCHEM、TOYOCHEMロゴ、およびサイアバインは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
トーヨーケム株式会社
包装・工業材営業本部 営業1部 営業1課
TEL: 03-3272-0940








トーヨーケム株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#トーヨーケム
#粘着剤
#2020年6月9日