ニュース

中国・瀋陽に中国の研究開発第二拠点を開設【ケーヒン】

2012年6月1日

当社の研究開発子会社である「京濱電子装置研究開発(上海)有限公司」(以下、KCRD)は、遼寧省瀋陽の瀋陽国際ソフトウェアパークに新事務所(第二拠点)を開設し、本日(6月1日)開所式を行いました。
中国では、環境意識の高まりから燃費規制が大幅に強化され、燃費技術を支える環境先進技術も中国国内での開発が必要となってきており、今後は完成車メーカーの開発現地化がより加速していくと思われます。
当社は2003 年より中国での開発の現地化を進めてまいりましたが、より一層の顧客サービスの充実を図るとともに、現地での部品調達によるコスト競争力を強化するため、さらなる開発の現地化で開発の強化を進めてまいります。
今後は、日本と中国の研究開発拠点が一体となった効率的かつスピーディな開発体制で、多様化するお客様ニーズに応えてまいります。

新事務所(第二拠点)の概要

KCRD概要

開所式の模様


[壇上着席者の左から]
东软睿道教育信息技术有限公司  総経理  李  印杲 氏
沈阳国际软件园有限公司  副総経理  曹  瑞雪 氏
広汽本田汽車研究開発有限公司  総経理  関  康成 氏
㈱本田技術研究所  マネージャー  西田  健三 氏
㈱ケーヒン  取締役常務執行役員  岩田  毅


株式会社ケーヒンホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ケーヒン
#中国
#会社設立/営業所/工場開設