ニュース

インドに3か所目の自動車部品生産拠点を建設へ【東海ゴム工業】

2012年4月4日

~インド北部での防振ゴム供給体制を拡充~

東海ゴム工業㈱(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:西村義明)は、インド北部、首都デリー近郊に自動車用防振ゴムの新工場を建設し、2013年11月の量産開始を決定しましたので、お知らせいたします。
経済発展が著しいインドでは、南部バンガロールと北部デリーの両都市近郊に国内外の自動車メーカーの工場が集積し、年々生産台数を拡大させています。当社は2008年5月に、自動車用防振ゴムを製造・販売する100%出資の現地子会社Tokai Rubber Auto-Parts India Private Ltd.(略称:TRIN)を設立し、バンガロール近郊の工場で2012年1月より生産を開始しました。南部への製品供給体制は整いましたが、この工場から遠く離れた北部への製品輸送には輸送コストや安定供給の面で課題があったことから、当社は、インド北部での新工場建設を検討してまいりました。
今回の新工場は、インド北部ファリダバードで自動車用ホースを製造するTokai Imperial Rubber India Private Ltd.(略称:TIR)、TRINのバンガロール郊外の自動車用防振ゴム工場に続く、インドで3カ所目の生産拠点となり、インド国内の主要な自動車生産拠点への納入体制が大幅に拡充されることになります。

デリー近郊新工場の概要

所在地 : インド ラジャスタン州
ニムラナ工業団地フェーズⅡ
(デリー中心部の南西約120km)

従業員数 : 約140名 (2015年度見込み)

工場面積 : 敷地 約40,000㎡、建屋 約3,600㎡

総投資額 : 約8億ルピー(約14億円

着 工 : 2012年4月下旬

売 上 高 : 約7億ルピー
(約13億円、2015年度見込み)

TRIN の概要

所在地 : インド カルナタカ州 ハロハリ工業団地フェーズⅡ
(バンガロール中心部から南西約40km)

事業内容 : 自動車用防振ゴムの製造・販売

資本金 : 8億5000 万ルピー(約15億円
デリー近郊の新工場新設に伴い13億ルピー(約23億円)に増資

代表者 : 社長  林  直樹

従業員数 : 約340名(北部工場含む、2015年度見込み)

工場面積 : 敷地 約40,000㎡、建屋 約9,600㎡(バンガロール近郊の工場)
(※) 1ルピー=1.8円で換算


東海ゴム工業株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#東海ゴム工業
#ゴム
#インド
#会社設立/営業所/工場開設