ニュース

新しい高機能性ライトン® PPSおよびアモデル® PPA特殊ポリマーを自動車産業向けの熱管理ソリューション用に拡張【ソルベイジャパン】

2017年11月14日

ボラーテ(イタリア)、2017年11月14日 – 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは、ライトン® R-4-300ポリフェニレンスルフィド(PPS)と、新しいアモデル® A-89XXシリーズのポリフタルアミド(PPA)の導入により、熱管理ソリューション製品群を大幅に拡張したことを明らかにしました。

ソルベイのリニア型PPS製品群に新たに加わったライトン® R-4-300は、クラス最高のウエルド強度に加え、引張り強さと引張り伸びに優れた樹脂です。この新しい材料は、堅牢な機械特性が要求される、複雑な形状を持った熱管理モジュールや部品に適しています。

業界で最も広範な熱管理用PPA製品群を持つソルベイは、アモデル® A-89XXシリーズの投入によってさらに製品ポートフォリオが充実したものになります。この新しいガラス繊維強化PPAグレードのシリーズは、30~50%のガラス充填グレードが準備されております。優れた寸法安定性、低吸湿性と高い耐薬品性を持つアモデル® A-89XXシリーズは、サーモスタットハウジング、マルチクーラントバルブ、ウォーターインレット/アウトレットや、その他のボンネット下のエンジン周りの用途部品に適しています。

「重要なことは、ソルベイの比類なき特殊ポリマー製品群に、これらの二つの新しい高機能製品プラットフォームを導入することで、自動車用の熱管理モジュールやマルチクーラントバルブ等の構造部材、シール、潤滑が全般的にカバーされるようになったことです。」と、ソルベイのSpecialty Polymers Business UnitのGlobal Automotive Business ManagerであるBrian Baleno氏は述べています。「ソルベイの多様な高機能樹脂を採用することで、自動車メーカーはこれらの部品を合理的に統合設計することが可能になります。」

今回の新製品、ライトン® PPSおよびアモデル® PPAは、熱管理アプリケーション用の製品群を補完するだけでなく、ロータリーバルブシール用のソレフ® ポリフッ化ビニリデン(PVDF)やアルゴフロン® パーフルオロアルコキシ(PFA)樹脂、潤滑剤としてのフォンブリン® パーフルオロポリエーテル(PFPE)およびOリングおよびガスケット用のテクノフロン® フルオロエラストマー(FKM)など、ソルベイの広範な自動車用途製品をさらに拡充するものです。

® はソルベイの登録商標です。


ソルベイについて
ソルベイは総合特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んでいます。ソルベイは、多様なグローバル・エンド・マーケットのお客様に採用されています。製品やソリューションは、航空、自動車、スマートデバイス、医療機器、バッテリー、採鉱および石油抽出など、その他多くの持続可能な発展中の用途に使用されております。軽量化材料はクリーナーモビリティを高め、フォーミュレーションズは資源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気質や水質を改善します。当グループはブリュッセルに本社を置き、58か国に約27,000名の従業員を擁しています。2016年のプロフォルマ・ベース純売上高は約109億ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占めている事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられています。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてEuronextに上場し(Bloomberg: SOLB.BB – Reuters: SOLB.BR)、また米国(SOLVY)においては、level-1 ADRプログラムで取引されております。

ソルベイスペシャルティポリマーズについて
ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系 流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。詳細はwww.solvayspecialtypolymers.comを参照ください。








ソルベイジャパン株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ソルベイジャパン
#材料
#2017年11月14日