ニュース

インド四輪工場の生産正常化について【本田技研工業】

2012年2月16日

Hondaのインド現地法人のホンダシエルカーズインディア・リミテッド(本社:グレーターノイダ、社長:)は、2012年2月15日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

ご参考

Hondaのインドにおける四輪生産販売現地法人のホンダシエルカーズインディア・リミテッドは、昨年、タイで発生した洪水被害の影響により部品供給が滞ったことで2011年11月より減産をしていましたが、2月15日から通常の生産に回復しました。

生産正常化により、一日の生産台数は2月15日より370台、次週からは440台のフル生産となる見通しです。新型「シティ」と「BRIO(ブリオ)」の生産はすでに再開しており、「ジャズ」(日本名:フィット)の生産も2月下旬にスタートする予定です。引き続き部品供給の状況を精査し、現在行っている日本や中国からの代替部品調達などにより、通常生産を維持していきます。

現在、納車をお待ちいただいているお客様に、一日も早くクルマをお届けすることを最優先に取り組んでおり、ブリオをご予約いただいているお客様には製品を3月中にお届けできる見込みです。


本田技研工業株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#本田技研工業
#自動車メーカ