ニュース

スズキのインド子会社マルチ・スズキ社が新型「スイフトセダン」を発売【スズキ】

2012年2月2日


スズキ㈱のインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(以下マルチ・スズキ社)は、「スイフトセダン(現地販売名:SWIFTスイフト DZireディザイア)」を全面改良して、2月1日より販売を開始した。

「スイフトセダン」は2008年3月に、コストパフォーマンスに優れたセダンの購入を検討しているエントリー層や、セダンタイプへの乗換えを希望する購買層など、幅広いユーザー層への販売を目指したコンパクトセダンとして発売され、インド国内でこれまでに累計30万台以上販売されてきた。

今回発売した新型「スイフトセダン」は、インドで2011年8月に発売した「新型スイフト」のプラットフォームをベースに、ディーゼル(1.3L)と吸気VVTを採用したガソリン(1.2L)のエンジン搭載車を設定し、ガソリン車には新たにオートマチック車を設定した。燃費を向上し、オーディオスイッチ付きステアリングホイール、フルオートエアコン、運転席・助手席SRSエアバッグ、4輪ABSなど装備を充実させながらも、お求めやすい価格とした。

新型「スイフトセダン」の生産は、現在「新型スイフト」、「SX4セダン」を生産しているマルチ・スズキ社のマネサール工場にておこなわれる。


スズキ株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#スズキ
#自動車メーカ
#インド