ニュース

モバイル型ロボット電話“RoBoHoN”を開発【シャープ】

2015年10月6日

ココロ、動く電話。
モバイル型ロボット電話“RoBoHoN(ロボホン)”を開発



シャープは、小型で手軽に持ち運びができるモバイル型ロボット電話“RoBoHoN(ロボホン)”を開発し、2016年前半に発売を開始します。

“RoBoHoN”は、ロボットクリエイター高橋智隆氏(㈱ロボ・ガレージ代表取締役)と共同で開発し、高橋氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合した次世代の携帯情報通信端末です。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型のサイズ(高さ約19.5cm)を実現し、衣類のポケットや鞄などに入れて、屋外へも手軽に持ち運んで使用できます。モバイル通信(LTE/3G)に対応し、音声通話をはじめ、メールやカメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新たに開発したフォーカスフリーの小型プロジェクターも搭載しているので、写真や映像、地図などを壁や机などに投影することも可能です。

また、各機能は“RoBoHoN”との音声対話で簡単に操作できます。ロボットとして様々なコミュニケーション動作やキャラクター性によって自然な対話を実現しているので、愛着を持って使用していただけます。


*開発中の端末であり、仕様については変更となる場合があります。


本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
http://robohon.com


■ お問い合わせ先
お客様 : シャープロボホンサポートセンター 050-5577-7649



(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。








シャープ株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#シャープ
#ロボット
#スマートフォン