ニュース

「三井のリパーク」駐車場にEV・PHV用充電インフラを設置【NEC/三井不動産リアルティ】

2015年8月17日

三井不動産リアルティとNEC、「三井のリパーク」駐車場にEV・PHV用充電インフラを設置
~ 業界初、時間貸駐車場として最大級の1ヶ所20台、合計約200台の充電器を展開 ~

三井不動産リアルティ㈱(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山代裕彦、以下 三井不動産リアルティ)と日本電気㈱(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下 NEC)は、首都圏の「三井のリパーク」駐車場を中心に、合計約200台の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)用充電器を設置し、有料充電サービスの提供を開始します。

無人の時間貸駐車場1ヶ所につき最大で20台の充電器、合計約200台もの大規模設置は業界初の取り組みです。
両社は2015年9月1日に「三井のリパーク」南八幡5丁目第3駐車場でサービスを開始し、第2弾は「三井のリパーク」六本木3丁目第2駐車場を予定しており、今年末までに約200台まで拡大する予定です。


三井不動産リアルティは、政府による「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用し、「三井のリパーク」駐車場に、NEC製のEV・PHV用壁掛け型普通充電器と、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行う壁掛け型充電コントローラ(駐車場1ヶ所につき1台)を設置します。NECは、三井不動産リアルティから本充電設備を借用し、EV・PHV利用者に有料サービスを提供します。
また本サービスは、リース事業を展開するNECキャピタルソリューション㈱(本社:東京都港区、代表取締役社長:安中正弘)や、EV・PHV向け充電サービスを提供するジャパンチャージネットワーク㈱(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:高橋敬一)と連携して実施します。

今後、国内外の自動車メーカによるEV・PHVの投入拡大や普及にあわせて、自社・自宅外での充電サービスの利用ニーズが高まると見込まれる中、全国の都市部を中心に時間貸し駐車場を展開する「三井のリパーク」に充電インフラを設置することで、駐車場の利用頻度が高い商用車や、自宅に充電設備のない自家用車もこまめに充電可能となり、利用者の利便性が高まります。両社は、こうした取り組みにより、環境配慮型の次世代自動車の普及促進に貢献できると考えています。

三井不動産リアルティは、全国の「三井のリパーク」駐車場において17万台を超える運営管理実績を有しており、駐車場運営・管理を通じて、快適で安全な街づくりに寄与したいと考えています。また、車社会のインフラとして機能する駐車場だからこそ、環境へ配慮すべきという考えのもと、場内照明のLED化やソーラーパネルによる太陽光発電を活用する仕組みを導入するなどCO2削減に努めており、このたびの充電インフラの大規模設置により更なる低炭素社会の実現に貢献します。

NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。
NECは、充電コントローラのWiFi通信機能を活用した自動車・カーナビ向けのネットワーク型情報サービスや、遠隔制御機能を活用した電力ピーク時のデマンド制御連携サービスを提供することを検討しています。こうしたサービスをはじめ今後も、安心・便利で使いやすいEV・PHV用充電インフラの構築に向けた製品・サービスを拡充し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

※2015年6月30日現在、管理台数170,594台。


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
三井不動産リアルティ リパーク事業本部事業推進部
TEL : 03-6758-4730

NEC グローバルプロダクト・サービス本部 ESS事業センター
TEL : 03-3798-6402








日本電気株式会社ホームページはこちら
三井不動産リアルティ株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#日本電気
#三井不動産リアルティ
#EV
#PHV
#充電/急速充電
#インフラ