ニュース

EV用急速充電システムが「横浜三井ビルディング」に採用【日立製作所】

2011年9月22日

株式会社日立製作所(執行役社長  :  中西 宏明/以下、日立)は、このたび、三井不動産株式会社(代表取締役社長  :  菰田 正信/以下、三井不動産)が、2012年2月の竣工に向けて開発中の「横浜三井ビルディング」に、コンバータ盤1台とスタンド2台から構成される電気自動車(以下、EV)用急速充電システムを納入します。
「横浜三井ビルディング」は、三井不動産の横浜駅エリアの「みなとみらい21地区」におけるフラッグシップタワーとなるオフィスビルであり、横浜市の環境性能格付制度である「CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)横浜認証制度」*の最高位であるSランクに認証されています。今回の採用は、環境に配慮した街づくりをめざす三井不動産の同地区でのEVの快適な利用環境の整備に向けた取り組みのひとつとなります。

*  建築物の環境性能を評価し、格付けを行うことを目的に、国土交通省が中心となり開発されたCASBEE(建築物環境性能評価システム)を横浜市用に一部編集した評価システム。建築物の環境品質・性能、建築物の環境負荷を総合的に評価・格付けし、横浜市が認証するもの。

本システムは、日立グループのEV用充電器・システムのラインアップとして本年10月1日より発売を開始します。主な特徴は、電力を交流から直流に変換するコンバータ盤と、充電を行うスタンドを分離することにより、例えば、コンバータ盤を地下に設置し、スタンドのみを駐車場に設置するなど、限られたスペースにおける様々な設置レイアウトへの対応を可能としています。また、コンバータ盤1台につきスタンドを最大4台設置することが可能であり、さらに、利用頻度によって、最大60kWの出力を、1スタンドあたりの出力値を15kW単位で設定することができます。これにより、空いているスタンドの余剰供給電力を他のスタンドに振り分け、出力を上げることで充電時間を短縮するといった、利用者の利便性を高め、かつ、より効率的な運用が可能になります。日立ではこれらの機能を生かし、EVの短時間での充電ニーズが高い大型駐車場を持つショッピングセンターや自治体・公共施設、カーシェアリングステーションや高速道路のサービスエリアなどへの本システムの導入を図り、2012年度に120台の販売をめざします。

今後、本システムと、日立が強みを持つEMS(エネルギーマネジメントシステム)やEVの車輌管理システム、EV充電器管理システムなどとの連携により、スマートシティー事業における中核製品として拡販を進めていきます。さらに、企業のBCM(事業継続マネジメント)の見直しが進み、その対策としてEVやEV充電システム導入のニーズが高まっていることから、普通充電タイプの製品とあわせ、EV用充電システムのラインアップ拡充を図り、これらのニーズに対応していきます。

本システムは、今回の「横浜三井ビルディング」での採用以外にも、現在、日立がスペインアンダルシア州マラガ市や米国ハワイ州マウイ島で推進しているスマートコミュニティ・スマートグリッド実証事業においても採用が予定されているほか、国内における日立の各事業所においてもBCMの対策としての設置を検討しています。

なお、本システムは、10月4日から8日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2011」に出展します。

主な仕様

名称
—————
急速充電器
———————————
車両I/F
—————
CHAdeMO仕様準拠
———————————————————–
定格入力 三相3線 AC200V 設置環境 屋外・屋内設置可
(周囲温度 : -10~40℃)
受電容量 低圧受電契約時
49kW以下対応可能
寒冷地仕様はオプションで対応可能
(周囲温度 : -30~40℃)
高圧受電契約時
68kW
出力電圧 DC50V~500V
(絶縁試験時 500V)
上位I/F 上位端末との通信機能付き
(オプション機能 : 充電管理・課金管理)
出力電流 DC37A~125A
出力容量 15kW~50kW
(1スタンドのみの場合)
質量外形
寸法
コンバータ盤 1,200kg,
1,100mm(W)×
1,100mm(D)1,990mm(H)
15kW
(4スタンド同時充電時の
最大出力)
30kW
(2スタンド同時充電時の
最大出力)
スタンド本体 90kg,
590mm(W)×283mm(D)×1,700mm(H)
45kW+15kW (同上)



株式会社日立製作所ホームページはこちら

 

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#日立製作所
#急速充電
#インフラ