検索結果

「#シート」の検索結果

第45回東京モーターショー2017 「運転しながら エクササイズ」できるシートを参考出品【テイ・エス テック】

2017年10月3日 第45回東京モーターショー2017「運転しながら エクササイズ」できるシートを参考出品~ほか、シート高さ・形状を自動調整するバイク用シートを参考出品~ テイ・エス テック㈱(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長:井上 満夫、以下 TSテック)は、2017年10月27日(金)から11月5日(日)まで、東京ビ...

シート一体型の先進的なセンター・エアバッグを開発【ゼット・エフ・ジャパン】

2017年6月7日 ■ 乗員保護を強化し、ファーサイド(自分から遠い側)の衝突時に頭部の横揺れと乗員相互の衝突を減らす新しいアプローチ■ シート一体型システムは、未来の車両や新しいモビリティのための先進的なインテリアに重要■ ファーサイド・センター・エアバッグは、センター・コンソールの有無にかかわらず使用...

初の水中翼船用シートベルトを川重車両コンポと共同開発【タカタ】

2017年4月28日 自動車用安全システムメーカーのタカタ初の水中翼船用シートベルトを川重車両コンポと共同開発 自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ㈱(代表取締役会長兼社長:高田重久 本社:東京都品川区、以下タカタ)と、子会社のタカタサービス㈱(代表取締役社長:川﨑修 所在地:滋賀...

ボーイング787ドリームライナーファミリー向けプレミアムクラスシートを2種類発表【ジャムコ】

2017年4月4日 本日、当社グループは、ボーイング787ドリームライナーファミリー向けに2種類のプレミアムクラスシートを発表しました。 当社グループは、ドイツ・ハンブルグで開催されるAircraft Interiors Expo 2017にて、新製品「Journey-B」および「Venture」を初公開します。ボーイング社との緊密な連携の下、同シ...

トヨタ紡織、LEXUSの新型クーペLCにシート、内装品が採用【トヨタ紡織】

2017年3月21日 トヨタ紡織、LEXUSの新型クーペLCにシート、内装品が採用~高度なモノづくり技術で、上質な車室空間を実現~ トヨタ紡織㈱(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:石井 克政)は、匠の技で先進的なデザインと機能性を両立したシートや内装品が、今月発売されたLEXUSの新型ラグジュアリークーペLCに採用され...

新型「マツダCX-5」にブリヂストンのシートパッドを納入【ブリヂストン】

2017年2月13日 新型「マツダCX-5」にブリヂストンのシートパッドを納入‐ ソフトな座り心地と、より快適な乗り心地に貢献 ‐ ㈱ブリヂストンは、マツダ㈱の新型「マツダCX-5」向けに、運転席、助手席、及び後部座席の座面部分のクッション用シートパッドを納入します。 当該シートパッドのウレタンフォームは、新たに開...

ピオセラン®を使用した座席シート部材がトヨタ自動車「C-HR」に採用【積水化成品工業】

2016年12月19日 ピオセラン®を使用した座席シート部材がトヨタ自動車「C-HR」に採用 積水化成品工業㈱(本社:大阪市北区西天満2-4-4、社長:柏原正人)の、「ピオセラン」(ポリスチレン・ポリオレフィン複合樹脂発泡体)が、トヨタ自動車の新規車種「C-HR」に座席シート部材として採用されました。 【採用の概要】...

熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)を用いた合成皮革により自動車用シートの快適性が向上【BASFジャパン】

2016年11月10日 熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)「エラストラン®」を用いた合成皮革により自動車用シートの快適性が向上 (本資料は2016年10月28日にBASF本社(ドイツ)で発表されたプレスリリースの和訳です。) ● 無溶剤で、直接生地に押出成形が可能● 優れた柔軟性と耐久性が、抜群の触感と耐摩耗性を実...

座フォーラム2016 健康寿命をのばすシートを提案【テイ・エス テック】

2016年11月4日 座フォーラム2016 健康寿命をのばすシートを提案~長く健康でいるために「座る」で、できることは何か?~ テイ・エス テック㈱(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長 井上 満夫、以下 TSテック)は、2016年11月19日(土)、表参道スパイラルで開催される座フォーラム2016で「座ラボ」が発表する内容を...

LEXUS、パリモーターショーでコンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を世界初公開【トヨタ自動車】

2016年9月16日(現地時間:2016年9月15日) LEXUS、パリモーターショーでコンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を世界初公開-動くシートでドライビング時の乗員の負担を軽減- □ 可動式のシート座面と背面により、歩行・ジョギングに近い人体の動きをシート上で実現し、乗員頭部の動きを抑制  すること...